クレアールのテキストは薄いのが、むしろメリットです!

クレアールのテキスト クレアール
スポンサーリンク

クレアールのテキストは薄いのはなぜ?薄いのが、むしろ利点です!

クレアールのテキストは、なぜ薄いのでしょうか?

クレアールのテキストは、業界でも類をみない薄いテキストです。このことが、批判の種にされがちですが、なぜ批判されるほど薄く編集されているのでしょうか?

クレアールのテキストが薄いのは、合格に必要な要点を繰り返し学習するため!

クレアールのテキストが薄く構成されているのは、クレアールの「非常識合格法」の根本原理である「合格するために必要十分な内容を繰り返し学習すること」に由来しており、徹底して要点を絞り込んで編集するという方針の下で作成されているからです。

このようなクレアールの薄いテキストを用い、エッセンスを詰め込んだテキスト・問題集を繰り返し学習することで、自然に合格できる実力が身につくように工夫されています。

普通なら、テキストが厚ければ厚いほど、安心感がわくように思いがちです。
しかし、出題範囲が膨大である試験になると、限られた時間内ですべての論点をマスターすることは、なかなか困難です。まして、働きながら受験勉強に励む方にとって、膨大なテキスト量はむしろ欠点となり、やる気さえ失わせることにもなります。

クレアールのテキストは、試験に合格するための重要論点のみに絞られています

クレアールのテキストは、試験で落としてはならない重要論点のみに絞って編集されています。学習に使える時間は全受験生共通であるため、絞り込むことで重要論点に対する理解度を高めることが有効となります。

ところが、絞ったことで、知らない論点が本試験で出題されるとどうしようかと、心配されるかもしれませんが、基本論点さえマスターできていれば、その知識を利用して推論で解答することができます。

つまり、反覆して学習することで、基礎力を身につけることができ、あまり知らない論点が出題されても、応用力によって解くことができるようになるという訳です。

クレアールのテキストは、論点ごとの重要度と難易度がわかるように編集されています

テキストには、過去の試験傾向等を踏まえて、論点ごとに【重要度】と【難易度】が各々3段階で示されています。学習上の優先順位がわかることで、最優先でマスターしなければならない論点かがわかるため、学習の効率化とメリハリの付いた学習をすることが可能になります。

クレアールのテキストは、合格するために必要十分な内容

クレアールの教材は、一見コンパクトに見えますが、合格するために必要十分な内容であることは、クレアールの受講生が示す合格実績が証明しています。


下記に、例として難関の公認会計士試験の合格者が、クレアールのテキストをどのように利用したのか、検討してみましょう。

合格者が語るクレアールのテキスト

ここでご紹介する記事は、難関の国家試験である公認会計士に合格した荒井さんの体験記です。

クレアールの薄いテキストで効率よく学習できました!

荒井さんは、クレアール会計士アカデミーに入学した理由として、次のように述べています。

私は昨年まで大手予備校に通っていたのですが、膨大な量のテキストと答練をこなすことができず消化不良に陥っていました。
そこで最低限の資料で合格を謳っていたクレアールに興味を持ち、長野校に伺い、実際にテキストを見せてもらったところ、本当に薄く、これなら私でもこなせると思い入校いたしました。

テキストは薄いですが、心配することは全くありません!

テキストの薄さに関して、荒井さんは、次のように述べています。

クレアールのテキストは確かに薄いですが、それを心配することは全くありません。今の会計士試験は暗記というよりは理解を試される試験となっています。
他の予備校ではその理解の部分を膨大な暗記によって補おうとしているためにテキストが厚くなっているように思います。
しかし、クレアールでは理解を促すテキスト構成になっているため、暗記の部分が最低限でよく、その結果としてテキストが薄くなっているのです。

DVD講義を視聴する際、「講義は一度しか聞かないつもりで」

これはDVDで受講されてる方に言えることですが、講義中に携帯電話をいじったり、寝ることは我慢しましょう。
DVDだと繰り返し聞けるという安心からか、そういう方がよくいるように思います。効率が悪いですし、集中力もつきません。
また1.5倍速で聞くのは確かに時間の節約になりますが、聞き取れなかったり、理解ができず巻き戻すくらいなら、最初から等倍速で聞いたほうが効率的です。

答練は必ず受けることで、理解を深めるようにしましょう!

答練は必ず受けて提出しましょう。
特に理論科目は「わかっているつもり」になっていることが多くあります。クレアールは大手より細かく講評もつけてくれます。理解を深める絶好の機会です。
また、特に用事がないならば、他の受講生と一緒に受けましょう。本番の雰囲気に慣れておくよい機会になります。

積極的に質問をする!しかも、自分でよく考えた後に質問をすることで理解が深まります!

質問は積極的にしましょう。
その際に、刹那的に疑問に思ったことを質問するのではなく、よく考えてから質問するようにしましょう。
質問カードを利用する場合は、それを書くことによって自分がどこを理解していないかということもわかってきますし、知識が曖昧なところも浮き彫りになります。質問カードを書くうちに、理解ができてしまうこともあるでしょう。
直接質問や電話をされている方も、一度疑問点を紙に書いてから質問することをおススメします。

公認会計士試験は、難関の国家試験です。

この難関の試験にクレアールの講座で合格できた荒井さんの体験記を参考すると、テキストが厚くて消化不良になるよりは、要点を搾りこんだテキストで、まず試験の全範囲を理解することが重要だと気付かされます。

また、クレアールのテキストは確かに薄いですが、公認会計士試験は暗記よりは理解を試される試験となっているから、理解を促す構成になっているクレアールのテキストでもまったく心配がなかった、との感想を持たれています。

さらに、クレアールの答練や質問を十分に利用することで応用力の強化に努めることが重要であることが分かります。

クレアールは、Web通信で合格したい方に最適です!

クレアールの「非常識合格法」は、Web通信を利用することで、効率よく学習を進めることができ、通勤等で勉強時間があまりとれない方でも短期合格が可能な通信講座となっています。

また、自宅にいながら自由なスケジュールで本格的な講義を受講できる通信講座ですので、学生や主婦の方にも公務員試験を効率的に勉強することが可能となります。

お得な割引制度も充実

さらに、クレアールでは、お得な割引制度も充実しているため、なるべく安い価格で講座を受けたい方にもおすすめです。

Web通信なら、高校生や大学生、働きながらでも、効率良く合格を目指すことができます。しかも、低価格です!
>> 公式サイトで無料の資料請求ができます!

クレアールの公務員試験 通信講座の主な特徴

クレアールは、「非常識合格法」に特徴を持つ、短期合格が可能な通信講座を提供している予備校です。

非常識合格法の学習効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」、そして、Vラーニングシステムによる学習を最も効率的に進める「マルチデバイス対応」で、最高の時短学習を実現することができます。

※非常識合格法とは、出題傾向を徹底的に分析して非常識なほど効率的に合格する合格法です。

以前の通信教育というと、テキストを読んで理解する学習が主体でした。しかし、クレアールの映像学習では、講師の授業をスマホやパソコン等で好きな時間に何度でも視聴できるため、通学よりも効果的な学習が期待できます。

ですので、高校や大学に在学中であっても、社会人で働きながらも、自分のスケジュールに合わせて自由な勉強法で、試験の準備に集中できます。

クレアールの主な特徴をまとめると・・・

  • 他の予備校に比べて講義ボリュームが多いのに低価格 。
  • 1回の講義が、60~90分で完結。
  • 個別に担当者がついて、サポートがあります。
  • Web解説講義つきの過去問題集が充実しています。
  • スマホでの受講可能 (ただし、PCを推奨しています)
  • 音声ダウンロードもあり、PCやスマホでいつでも聞けます。
  • 安心保証プラン(受講期限の延長)もついて安心です 。

クレアールは、お好きなときにインターネットで映像講義を受講することができます。

クレアールの講座は、インターネットで映像講義を受講することができる「Web通信」(スマホやパソコンで受講可能。音声ダウンロードが便利)となっています。

自分の都合に合わせて、何度でも受講できるだけでなく、わからないところをその場で聴きなおしたり、倍速機能を使って講義時間を短縮することもできます。

このため、社会人でも無理なく学習することが可能です。

通信で学びたい方に特化した映像講義

クレアールの映像講義の1回の講義は90分以内で完結。WEB通信講座の場合、何度でも受講可能で、時間がない時には倍速再生をしたり、途中で止めて続きから視聴することもできます。

また、PC以外でも、スマートフォンやタブレット端末でも講義を視聴できるため、忙しい通信生でも隙間時間を利用して学習することが可能となります。

通信でも、一人ひとりに「担任講師」を設定

「通信は最後まで学習を続けられるか不安」という方でも、クレアールのサポートなら安心です。というのは、コース生一人ひとりに担任の講師を設け、学習計画作成のアドバイスや、軌道修正、メンタルケアなど、学習生活全般の疑問や不安解消のための個別サポートを行っています。

この「担任制」があるためクレアールを選ぶ方も多く、通信でも面倒見の良いスクールという口コミ評判を得ています。

クレアールの通信講座は、各種のサポートが充実しています

クレアールの各種サポートについて、順次説明します。

  • 担任制:通信講座なのに、個別の担任講師が学習生活全般の疑問や不安解消してくれます。メール、電話、または校舎(水道橋)で相談を受け付けています。
  • 質問サポート:講義に関する疑問点は何度でも質問をすることができます(メール、郵送、FAXなどで可能です)
  • 論文添削:小論文や経験者論文は、講義だけでなく実際に答案を作成し、何度でも添削を受けることができます。
  • 面接指導:面接シートやエントリーシートの添削や、面接試験対策に関する相談へのアドバイスを何度でも行ってもらえます(校舎での模擬面接も回数無制限です)
  • Webテスト:スマートフォンやタブレットで配信される一問一答式テストを無料でいつでも利用することができます。

上記のように、クレアールでは、通信講座でも担任制を実施しています。学習計画や勉強方法など、学習生活上の悩みは担任講師に相談することができます。

このように通信講座にも担任をつけ、サポートを厚くしている点もまたクレアールの特徴です。

「過去問フォーカスWeb解説講座」は、Web解説講義つきで分かりやすい!

過去問題集の解説講義(過去問の解き方)を動画で受信可能!

この「過去問フォーカスWeb解説講座」で、オリジナル過去問題集に収録された全問題の解説講義を無料で受信し、過去問の解き方を動画で確認することができます。

問題集を解いて解説を読んだけどよくわからない、ということはよくあることです。しかし、動画の説明で、答えに至るまでの流れを確認することができるため、とても理解がしやすくなっています。

スマホやパソコンで受講可能。音声ダウンロードが便利!

クレアールの授業は、追加料金なしでスマホでも講義受講できます。ただし、パンフレットでは、可能な限りPCでの利用が推奨となっています。大きな画面の方法が見やすいからです。

注意すべき点として、講義資料はプリントアウトする必要があるので、PCとプリンターは持っていた方が良いと思います。

なお、講義音声のダウンロードは標準装備となっているため、スマホに転送して外出先で聴くことも可能です。

延長サービスで、受講期限を1年延長することができます!

受講申し込みの際に、安心保証プランをオプションで申込みをしておくと、受講期限を1年延長することができます。ですので、万が一合格できなかった場合でも、翌年に向けて試験対策を継続することができます。

公務員試験などを受験する際、1回目は試し受験する場合などに、とてもメリットの大きいシステムです。ただし、このオプションには追加料金に2,3万円かかってしまいますが、驚くことに、合格目標年の本試験で最終合格した場合、追加料金は全額返金されるというのですから、合格へ向けての励ましにもなりますね。

苦手な箇所は、何度でも受講できます。

Web通信を利用した講義の内容は、基本講義・基本を掘り下げたフォローアップ講義・Webテストに分かれています。ですので、自分の理解度に応じて必要な部分を選択しながら受けることができ、大変効率良く学習できるシステムになっています。

また、苦手な箇所は、何度でも受講できます。これも、クレアールの特徴です。また、映像解説つきの過去問題集も非常に便利なシステムです。

このようなクレアールですから、できるだけ安価にWeb通信を受けたい方にとっては、おすすめの通信講座といえます。

クレアールのWeb通信講座について、詳しくは公式サイトで資料請求することをおすすめします。期間限定の割引や特待生割引など、さらに受講料が安くなる情報などについても知ることができます。

>> こちらの公式サイトで、無料の資料請求ができます


【関連記事】

クレアールが開講している、主な通信講座や費用など

※FPや簿記のような、1級・2級などの種類のある資格は、その種類によって学費にはばらつきがあります。

クレアールの通信講座の特徴や教材などについて

テキスト・問題集

二色刷りのテキストを使うことが多いようですが、カラフルとは言えません。自分で好みの色にマーキングをしたりする人に適しています。イラスト等は的多めで、親しみとわかりやすさの両方を持った内容となっています。

問題集は種類わけされ、段階的に解答力のトレーニングを行うことができる作りとなっています。

デジタル・メディア教材

マルチメディア学習は、最近のクレアールの大きな特徴となっています。パソコン・スマホ・タブレットなどの多様な通信機器を利用した映像配信や、データのダウンロードによる音声配信を駆使した学習方法を可能としています。これによって、多様な生活スタイルにおける隙間時間を利用した学習が可能となり、効率的な学習によって、短期間での資格取得が可能となりました。

メディア教材に関して言えば、映像の質も高く、カメラ操作においても手の込んだ演出、テキストや図解の拡大表示など、ハイレベルの内容となっています。

質問の受付

原則、回数無制限で無料で受け付けています。

手段についても、メールやFAX(専門用紙あり)を利用してできるなど、好評となっています。

支払い関係のサービス

カードでの分割払いを選べるほか、学費ローンも相談の上で利用することができす。

教育訓練給付金制度は、利用できる講座と利用できない講座がありますので、注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました