【東京アカデミー】青森校のアクセスと資料請求など!

東京アカデミー青森校東京アカデミー
スポンサーリンク

東京アカデミーの青森校(青森市) アクセスと資料請求

青森校へのアクセスと資料請求の他に、全国公開模試、青森校の開講講座、ブログ情報、事務所への連絡方法、個別相談会のことなど、たくさんのお知らせがあります。どうぞご利用ください。

東京アカデミー青森校

東京アカデミー 青森校へのアクセス

青森校の住所・電話

  • 〒030-0801 青森市新町1-1-14 損保ジャパン青森ビル2F
  • 電話番号:017-774-1515
  • 受付営業時間 (月~土)9:00~2:00 (日・祝)9:00~18:00
  • [弘前教室] 弘前駅ビルアプリーズ5F、弘前市立観光館、弘前文化センター
  • [八戸教室] 八戸市総合福祉会館

青森校へのアクセスは、JR線の青森駅より徒歩2分です!

青森校はJR青森駅から徒歩2分のところにあります。

青森駅の正面(東口)改札口を出てから、新町通りアーケード方向をまっすぐ30秒程度進むと青森グランドホテルがあります。その右隣の損保ジャパン青森ビルの2階が東京アカデミー青森校事務局です。

なお、「日祝はビル正面口が閉鎖されているため、お電話(フリーコール0120-220-731)でご来校時間をお知らせ下さい」とのことです。

【校舎の周辺地図】

※ 校舎を直接訪問するのが面倒な方は、講座別に編集されたパンフレットやチラシを資料請求で入手しましょう。校舎別に特色のある資料が送られてきます↓↓↓

東京アカデミー(青森校)の資料請求について

東京アカデミーでは、青森校のパンフレットを発行しています

東京アカデミーでは、自治体別又は県別というように、地域の実情に応じて試験対策を立てたり、校舎別に異なる講座内容や模試情報に対応するようにしています。

このような青森校の資料は、最寄りの東京アカデミーの校舎(青森校)で直接手に入れるか、東京アカデミーの公式サイトの「資料請求」をクリックして開いたページの「申込フォーム」から無料で請求することができます。

>>東京アカデミーの資料請求は、こちらの公式サイトからできます
※ ページが開いたら上方にある「資料請求」ボタンを押して下さい

※ 東京アカデミーに資料請求しても、勧誘等の電話は一切ありませんので安心です!パンフレットは、通常なら2~3日で郵送されて来ますから少々お待ちください。

>>東京アカデミーに資料請求する詳細な方法はこちらに説明してあります。

下記のパンフレットは、資料請求で送られてきた、関東エリアの公務員(大卒程度)試験対策に関するパンフレットやチラシ等です↓↓↓

東京アカデミーパンフレット

青森校で開設されている講座

※ 講座内容は年度によって変わることがありますので、最新の情報をご確認下さい。

東京アカデミー青森校のブログ情報

【大卒公務員】公務員試験に向けて本格的に対策するなら…

青森県庁、青森市(事務・消防)、弘前市役所、青森県警などの地元試験や国家公務員なお、東京アカデミーの青森校では、今年(2021年度)と来年(2022年度)の公務員試験の合格に向けての対策講座をいろいろな方向から設定しています。

2つのスタート日を選ぶことができます
  1. 合格に向けて過去問の演習をすると共に解説をする実践コース
  2. 合格に向けて基礎の基礎から無理なく実力をアップさせるコース
志望先にあわせてコースを選択することができます
  • 日中通学 (主に平日の昼で対策)
  • 夜間・週末(平日夜間と土日の昼で対策)
  • 土日部  (土日の昼で対策)
志望先にあわせてコースを選択することができます
  • 行政事務職対応コース:青森県庁や青森市、国家一般職など専門試験が課せられる試験
  • 教養科目対策コース:警察官や消防官、一部市町村など教養試験のみで受験できる試験

※詳細は、青森校のパンフレットや専用のチラシなどに記載されています
>>資料請求する方法をまとめてあります

※東京アカデミーの大卒程度公務員試験対策講座については、こちらのページにまとめてあります >> 東京アカデミーで大卒程度の公務員試験対策をしましょう!


【東京アカデミーの看護師国家試験対策講座】
全国の看護師国家試験合格者のうち、3分の1が東京アカデミー出身というほど評判の講座です
>>看護師になる!東京アカデミーで看護師国家試験に合格!


国家公務員のWEB説明会

新型コロナウイルス感染防止のため、各種の国家公務員の業務内容や採用に関する説明会に参加できていない方が続出!

このため、各官庁がWEB説明会を実施しています。

下記のURLをクリックすると、各省の説明会情報などのページが開きます。

○人事院国家公務員試験採用情報NAVI
https://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.html

○財務省本省総合職(事務系・技術系)新卒採用情報ウェブサイト
https://job.axol.jp/pm/s/mof_23/public/top

○総務省
https://www.soumu.go.jp/menu_syokai/saiyou/jsougou_setumei_index2.html

○経済産業省
https://www.meti.go.jp/information/recruit/event/index.html

○国土交通省/一般職事務系
https://www.mlit.go.jp/saiyojoho/event/web_setsumeikai.pdf

○文部科学省/総合職事務系
https://www.mext.go.jp/content/20200512-mxt_jinjisou01-100014587-2.pdf

個別相談会を無料で受けることができます

  • 試験対策や受講の相談を専門の受験アドバイザーから受けることができます。
  • 無料ですから、ぜひ利用しましょう。
  • ※個別相談の利用は、電話で予約が必要です。電話番号:017-774-1515

受付営業時間 (月~土)9:00~20:00 (日・祝)9:00~18:00

個別相談会の内容

個別相談会では、ネットで調べられない情報まで教えてくれます。例えば、

  • 集団討論を実施する自治体が増えてきているが、どのようなテーマで、どのように進むのか(公務員)。
  • 青森県内の地方上級試験は、自治体によってどのぐらい出題レベルが違うのか(公務員)。
  • 青森県警の体力検査の内容と基準値はわかるが、他の受験生はどのぐらいやっているのか(公務員)。
  • 青森県のほかにも併願したいのだが、青森県と似ている出題の自治体を知りたい(教員採用)。
  • 青森県教員採用試験のご当地問題はこれまでどんな問題が出題されたか(教員採用)。
  • 青森県内の専門学校をいくつか併願受験したいが、どの科目を対策すればよいか(看護医療)。

さらに学習方法もネットでも調べられるようなありきたりの学習方法ではなく、先輩たちの学習方法などを例に挙げながら、状況に合わせたオリジナルの学習方法をアドバイスしてくれます。ぜひ利用しましょう。

東京アカデミーの青森校に資料請求するメリットは?

青森校に資料請求することで送られてくるパンフレットやチラシを見ていると、ネットでは見つかりにくい講座情報や特典などに出会うことができます。

また、青森校に特化した受験情報も入手することができ、パンフレットをそばに置いて時々読むことで、モチベーションの向上にも役立ちます。

資料請求は、こちらのホームページ↓を開いて上方の「資料請求」ボタンをクリックすれば申込フォームのページが開きますので、そこから申し込むことができます。
>> 東京アカデミーのホームページ

東京アカデミー 青森校:公務員試験(大卒程度)に関する情報

公務員試験合格を目指す方を対象とした講座のご案内です
  • 筆記試験対策はもちろん、人物試験対策も充実しているプログラムとなっています。
  • 志望先や通学スタイルに合わせて、様々なコースの中から最適なコースを選び、最終合格を目指すことができます!
  • 基礎定着(インプット)→基礎確認・応用→過去問の予習・解説講義(アウトプット)と段階を踏んで合格力を習得することができます!

※2020年度公務員(大卒程度)試験対策通学講座のご案内は、コース別によって期間や学費等も異なりますので、詳細はパンフレットをご覧ください。

>>パンフレットなどの資料請求に関してはこちらに説明してあります。

これは朗報! 東京アカデミーのチラシに載っていた情報です!

なぜ今、公務員受験がチャンスなのか?

この19年間の公務員試験競争率の推移が、総務省の「地方公共団体の勤務条件等に関する調査結果」より発表されています。

東京アカデミーのチラシの一部↓↓

東京アカデミーのチラシの一部

上記のチラシの抜粋によると、1999年の倍率が14.9倍、2017年の倍率は6.2倍となっていることからも、公務員試験が、以前に比べて、かなり合格しやすい採用試験となっていることは間違いありません。

※ 以下の文は、東京アカデミーのチラシから抜粋↓↓

その、主な理由は、ずばり、「受験者が減少している」からです。
主な理由は、大学新卒の民間採用が大学新卒の民間採用が旺盛なため、高学歴者や成績優秀者が民間就職に流れ、民間就職との併願をしなくなったことです。また、民間就職活動の時期に比べ、時期の遅い公務員試験は敬遠され気味です。これより、受験者減少以外にも成績優秀者などが抜け、受験者全体の学力レベルがやや低下した状況での公務員試験になったためだと容易に想定できます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました