シカトルで医療事務のスクール探し!一括資料請求が可能です!

シカトルで資料請求 シカトル
スポンサーリンク

シカトルで医療事務のスクール探しをしましょう!

医療事務が人気ですが、どんなことをする仕事ですか?
医療事務の3種類の仕事って、なんでしょうか?
医療事務の仕事をするのに資格が必要なんですか?

このページでは、女性の間では特に人気のある医療事務の仕事内容や資格の種類、資格を取得するための講座についてご説明します。ぜひ参考にしてください。

医療事務は、医療機関での受付や会計、レセプト業務が主な仕事です

医療事務

医療事務とは、その名の通り医療機関等における事務のお仕事です。具体的には、病院やクリニックなどの医療機関で患者様の応対をするほか、医療機関での受付や会計をしたり保険者に診療報酬を請求したりすることが仕事の内容となります。

とくに、受付・会計業務は病院の玄関口での対応となるため、優しく応対できる接遇スキルや、医療費の計算では迅速で正確な処理能力が要求されます。

基礎知識を学んでいれば、未経験でも年齢問わずチャレンジでき、安定して長く働けることで、従来から女性にはとても人気のあるお仕事ですね。

病院などの医療機関における事務の仕事

医療事務の仕事は、大きく分けて3つの業務、
「受付・会計業務」「クラーク業務」「レセプト業務」
に分類することできます。

ですので、医療事務の仕事の概要をつかむためには、これらの3種類の仕事内容について理解をしておきましょう。

以下、「受付・会計業務」「クラーク業務」「レセプト業務」について一つずつ説明します。

接客業のスキルも必要となる「受付・会計業務」

医療事務の仕事の中でもっとも一般的に知られている業務が「受付・会計業務」だと思います。

受付業務は、来院した患者さんから診察券は保険証を受け取ったり、診療申込書を書いてもらったり、患者さんを受診科への案内をしたりする仕事です。また、初めて受診する患者さんの場合には、カルテの作成や管理、診察券の発行も行います。

会計業務は、診療が終了した外来の患者さん診療費用を計算し、医療費を受け取る仕事です。医師によって診療内容などが記入された会計カードと患者さんが加入している医療保険をもとに請求する金額を計算し、お金を支払ってもらうことになります。

このような「受付・会計業務」を行う医療事務のスタッフは、来院した患者さんに対して、安心感や信頼感を与えられるように、笑顔や細やかな気配りが必要になります。ですので、医療事務のスタッフは、事務職としてのスキルと接客業のスキルの両方が必要な職務となります。

患者さんと医療スタッフをつなぐ「クラーク業務」

クラーク業務は、病棟や外来全体における秘書の業務を行なうもので、「外来クラーク」と「病棟クラーク」に分けられます。

その中の、「外来クラーク」の具体的な仕事としては、来訪者の受付業務、電話応対、患者さんの呼び出し、カルテや検査データの準備などといったものが挙げられます。

また、「病棟クラーク」の仕事は、ナースステーションに常駐し、入退院の手続き、入院患者のカルテの整理や、食事・点滴・投薬などの医療行為の管理などを、患者さんと医療スタッフの間に入って連絡・調整します。

正確な作業で経営を支える「レセプト業務」

レセプト業務は、医療事務の専門業務と言えます。

それでは、レセプトとは何でしょうか?

少し詳しく説明すると、私たちが病院やクリニックで診療を受ける場合、まず保険証を提出して診療を受けることになります。このような保険診療では、診療費用の一部を患者さんが支払い、残りの費用は、病院やクリニックなどの医療機関が、健康保険組合、国民健康保険組合などに対して請求することで得られるようになっています。

この診療費用の請求の際に提出する書類が「レセプト」という書類で、正式には「診療報酬明細書」と言っています。そして、そのようなレセプトを作成する業務が「レセプト業務」であり、医療事務のスタッフが責任を以て行なうことになります。

このようなレセプト業務は、病院やクリニックなどの医療機関の収入に大きく影響するため、ミスのない正確なスキルが求められます。そのため、レセプト業務をミスなく正確に遂行するには、医療事務についての十分な知識を習得する必要があります。

医療事務という資格の必要性

医療事務の資格を取るのは、そのような医療事務に不可欠の知識を習得するために取得が推奨されている資格です。

この医療事務という資格は、特に国や自治体などから要求されている資格ではないため、医療事務に資格は必要ないという方もいます。

しかし、現場で経験を積んでいく前提として、医療事務という専門的な知識を習得しておく必要は絶対にありますし、医療事務が未経験な人に現場で一から教えてくれるような甘い世界ではないことも知っておく必要があります。

医療事務の資格は、メリットが多い!

1)医療事務の仕事は、実務経験を積むほど貴重な存在となる!

医療事務の仕事は実務経験が重宝されるため、長く働くほど経験というスキルが積まれることになります。

特に、診療報酬請求事務の仕事は、高い専門知識を要するため、医療の現場から強く求められています。そのため子育てなどでブランクがあっても復職しやすく、その点も医療事務資格取得のメリットとなっています。

2)景気に左右されず、求人ニーズは安定しています!

医療事務は景気に左右されるような業務ではなく、現在の医療の現場では不可欠であるため、医療機関での求人ニーズは安定しています。

医療事務の業務内容や求められるスキルは全国どこに行っても共通であるため、家族の転勤などに対応して勤務地を柔軟に変更する必要が生じた場合でも、新しい土地ですぐに勤務先を探すことができます。

3)働く時間が選びやすいから、家事との両立が可能!

正職員が無理な場合、フルタイムではなくて午前中だけというように、自身の都合で勤務時間を調整しやすいのも医療事務の仕事の魅力です。

このため、家事と両立せながら派遣社員やパートという形で働くこともでき、自分のライフスタイルに合った勤務形態を選ぶことができます。

4)経験を積めば積むほど、収入や待遇も良くなります!

医療事務は勤務経験や業務に関する知識やスキルが必要な仕事ですから、そのようなスキルを持ってる方を高く評価してくれる世界でもあります。

ですので、医療事務の経験を積めばつむほど高い評価を得ることができ、経験者ならでは収入と待遇で働くことも可能となります。

5)社会貢献という面でもやりがいのある仕事です!

医療事務の現場では、来院者や患者さん、そのご家族などのように、その施設を利用する人たちと対面する機会も多く、日々の業務の中で直接的に感謝されたりするため、人の役に立っているという社会貢献への実感が感じられる仕事でとして、評価することもできます。

医療事務の資格を取るための費用や受講期間など

医療事務の受講費用

一般的な受講費用の目安としては、最安値30,000円台~160,000円と言われていますが、スクールによって受講費用は様々な状況です。

ご参考のために、通信で講座を受ける場合は、30,000円台~90,000円程度、通学の場合は、100,000円~160,000円程度になります。やはり通信の場合が受講費も安価であり、家事や他の仕事を続けながら受講することも可能となります。

一方、高額の講座の場合、コースや講師陣が充実していたり、資格取得後のサポートもしっかりしているといったメリットも多くあります。

ですので、まずはご自身が、医療事務の世界で働けるモチベーションを高めながら、現在の状況でどのように学ぶのが最適であるかを考慮して、スクール選びをするようにしていきましょう。

必要な受講期間

医療事務の資格を取得するのに要する期間は様々です。短期集中の講座では1ヵ月で取得可能なものもあれば、専門学校などでは数年をかけてじっくり学ぶ場合もあります。どの程度の期間での取得を目指すのか、講座による違いを考えて適切な講座を選ぶようにしましょう。

通信の場合

通信講座の一般的な終了目安:3ヵ月~半年

スクールによって受講期間は様々ですが、講座自体は、上記の期間で終了できるプログラムとなっている場合が多いようです。なかには、最短1ヵ月で取得可能な講座もありますが、通信講座を選択する場合、講座に有効期間のチェック、そしてその期間に延長期間が認められているのかとかという点は、見落としがないように注意しましょう。

通学の場合

通学講座の一般的な受講期間の目安:1ヵ月~半年

講座の形態によって異なっています。全日制では最短8日~、夜間講座または週に1回~2回の講座(土日のみ等)で3ヶ月半~半年くらいになります。

医療事務の資格を取るために資料請求をしてみましょう!

試験合格のための学習方法としては、独学やスクールへの通学、通信講座などが挙げられます。

仕事をしながら試験合格を目指す場合、適切なカリキュラムに沿って学習を進める方法がより効率的です。

通信講座ではカリキュラムが設定されており、独学よりモチベーションを維持しやすいといえます。通学より費用を抑えられる点もメリットといえるでしょう。

シカトルを利用すると、複数の講座から資料をまとめて取り寄せることができます。

つまり、シカトルに一度申し込んだだけで、希望するエリアの複数の介護関係のスクールからパンフレットを取り寄せてもらうことができます。

しかも、シカトルの一括資料請求は、無料で使えるので、手っ取りばやく学校探しをしている人にはとては便利なサービスとなります。

それに、複数のスクールのパンフレットを取り寄せることで、受講料や授業内容などを比較して選ぶことができるため、スクール選びをする際にとても役立ちます。 シカトルのサイトを見たい方は、こちらからどうぞ
>> シカトルの資料請求のページ

複数のスクールからパンフレットを入手して、比較しましょう!

シカトルを利用するメリットは、パンフレットなどの資料を複数のスクールから一括的に入手することですから、複数のスクールから資料を入手し、講座内容や受講料金などを比較することがおすすめです。

シカトルに資料請求する際の注意点(資料請求後の営業電話)など
>>シカトルについて詳細にまとめました

コメント

タイトルとURLをコピーしました