シカトル|ケアマネージャーの資格を取得する方法や収入など

シカトル シカトル
スポンサーリンク

ケアマネージャーは、どんな資格ですか?
ケアマネージャーの資格は、どうすれば取れますか?
ケアマネージャーの収入は、どれくらいになりますか?

こんな疑問をお持ちの方にお答えします。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?

ケアマネージャー 介護支援専門員

ケアマネジャーの正式名称

ケアマネジャーの正式名称は「介護支援専門員」です。

この正式名称「介護支援専門員」を覚えておけば、「ケアマネジャーって何ですか?」と聞かれたら、「介護を支援する専門資格をもった人」とか、「介護を必要とする人を支援するスペシャリスト」などと言えば理解してもらえると思います。

このような専門職として「ケアマネジャー」の資格をもって活動する場合、その活動を一言で言うと、「ケアマネジメント」ということになります。

「ケアマネジメント」とは、介護を必要とする本人や家族の方達の相談を受けて、その課題を分析し、必要な支援をマネジメント(管理)する活動のことを言います。

つまり、要介護者の「ケアマネジメント」をする人がケアマネージャ―です。

(介護保険法第7条第5項)
介護支援専門員は、要介護者や要支援者からの相談に応じて相談者の心身の状況等に応じた適切な介護保険サービスが利用できるよう、市町村、サービス提供事業者、介護保険施設等との連絡調整等を行います。

ケアマネージャーの職場や活動内容は、「居宅ケアマネ」と「施設ケアマネ」に分かれます

ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所(在宅介護を必要とする方のケアプラン作成や支援を行う事業所)などで働く「居宅ケアマネ」と、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで働く「施設ケアマネ」に分類することができます。

「居宅ケアマネ」の場合、自宅で暮らす利用者の訪問介護(身体介護や生活援助をするホームヘルパー派遣)の依頼やケアプラン作成、自宅で暮らしてはいるけれども日帰りで介護施設に通う利用者を相手に通所介護(食事や入浴などの介護を提供するデイサービス)の紹介など、サービス事業者との調整を行うことなどが業務となります。

「施設ケアマネ」の場合、特別養護老人ホームなどの施設で入所者のケアプランの作成などを担当するのが業務となります。というと、居宅ケアマネに比べて業務の内容が少ないように思えますが、実際は、(勤務する施設によって異なりますが、)利用者の送迎や施設行事への参加など、ケアマネジメント以外の業務を受け持つこともあり、多くの役割を担当することもあります。

ケアマネージャーの収入、給料は?

ケアマネジャー(介護支援専門員)の給料はいくら?

ケアマネージャーの収入は、エリアや事業所などによって異なりますが、月額の基本給は平均22万円前後といわれています。この22万円に、残業手当や資格手当、調整手当などが加算され、結果的に月給23~26万円で働いている方が多いようです。

これは他の介護職の給料と比べると高い額となりますが、ケアマネージャーとしてより高い給料を希望する方は、主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)などの上級資格を取得するのがおすすめです。

なお、主任ケアマネージャーは、ケアマネージャーとしての一定期間(5年以上)の経験を有し、主任介護支援専門員研修を受講することで資格を取得することが可能となっています。このように主任ケアマネージャーになるには、ケアマネージャーを持っていれば、難関の試験を突破したり、面接があるわけではないので、取得しやすい資格ともいえます。


ケアマネジャーの給料について厚生労働省の調査結果

以下、ケアマネジャー(介護支援専門員)の給料について、厚生労働省・介護従事者処遇状況等の調査結果が発表されていますのでご参考に見てください。

(出典:厚生労働省|介護従事者処遇状況等調査 結果の概要ケアマネジャーの平均給与額の推移

常勤(月収)非常勤(時給)
2017年342,770円1,270円
2018年350,320円1,280円
2019年347,460円1,370円
2020年357,850円1,380円

※介護職員処遇改善加算(Ⅰ)~(Ⅴ)を取得(届出)している事業所における介護職員の平均給与額
※月収は基本給(月額)+手当+一時金(10~3月支給金額の1/6)
※10円未満は四捨五入している

厚生労働省が発表した資料によると介護職員処遇改善加算を取得している施設において、2020年の平均給与は常勤が月収約36万円、非常勤が時給1,380円でした。なお月収には基本給のほか、手当や一時金が含まれています。

同資料の介護職員の平均給与が常勤約33万円、非常勤1,110円と発表されていることを考えると、介護の職種においてケアマネジャー(介護支援専門員)の給与は比較的高い水準であると言えます。

また近年の傾向を見ると、介護職種の処遇改善の動きを受け、平均給与は右肩上がりで高くなる動きとなっています。

ケアマネージャーの資格を得る方法は?

ケアマネージャーになるには? 試験を受ける条件とは?

このようなケアマネジャーになるには、勤務先(または住居地)の都道府県で年に1回実施される
介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)に合格した後、
介護支援専門員実務研修を修了し、
各都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録を行い、
介護支援専門員証の交付を受けなければなりません。

また、ケアマネジャー試験を受験する条件が定められており、指定業務を5年以上かつ900日以上の勤務実績が必要となります。指定業務とは「国家資格」「生活相談員」「支援相談員」「相談支援専門員」「主任相談支援員」のいずれを言います。

受験要綱は各自治体の発表を確認ください。こちらに、例として東京都のケアマネジャー試験について記載してあります。>>東京都介護支援専門員実務研修受講試験

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格取得の流れ

ケアマネージャーの試験は都道府県ごとで行われるため手続きの方法は各自治体で異なりますが、ほとんどの場合共通していますので、下記に目安としてまとめておきます。

<試験の申込~合格まで>

  • 申込期間:5~8月頃
  • 申込み時に必要な書類:受験申込書、証明写真、実務経験(見込)証明書、資格証明書
  • 受験手数料:8,000~15,000円程度
  • 試験の開催月日:年に一度、10月頃
  • 試験時間:10~12時の2時間
  • 合格発表:12月
  • 試験形式:全部で60問のマークシート方式の試験
  • 試験内容:介護保険制度や居宅・施設サービス等の知識を問う「介護支援分野」で25問、保健医療サービスや福祉サービス等の知識を問う「保健医療福祉サービス分野」で35問。なお、実技試験や論文試験はありません。

※試験結果は自宅に郵送で届きます。また、合わせて、実施団体のホームページ上で確認できる場合もあります。

<合格後のスケジュール>

実務研修の受講:12月~1月

  • 試験合格後は、介護支援専門員実務研修を受講します。
  • 研修時間は、87時間となっています。
  • 前期・後期の研修(15日間)+実習(3日間)で構成されています。

ケアマネージャー登録(実務研修修了後、3ヵ月以内に介護支援専門員の登録申請を行ってください。
登録申請後、約1ヵ月程で介護支援専門員証が発行されます。

社会福祉試験に合格する方法

試験合格のための学習方法としては、独学やスクールへの通学、通信講座などが挙げられます。

仕事をしながら試験合格を目指す場合、適切なカリキュラムに沿って学習を進める方法がより効率的です。

通信講座ではカリキュラムが設定されており、独学よりモチベーションを維持しやすいといえます。通学より費用を抑えられる点もメリットといえるでしょう。

シカトルを利用すると、複数の講座から資料をまとめて取り寄せることができます。

つまり、シカトルに一度申し込んだだけで、希望するエリアの複数の介護関係のスクールからパンフレットを取り寄せてもらうことができます。

しかも、シカトルの一括資料請求は、無料で使えるので、手っ取りばやく学校探しをしている人にはとては便利なサービスとなります。

それに、複数のスクールのパンフレットを取り寄せることで、受講料や授業内容などを比較して選ぶことができるため、スクール選びをする際にとても役立ちます

シカトルのサイトを見たい方は、こちらからどうぞ
>> シカトルの資料請求のページ

複数のスクールからパンフレットを入手して、比較しましょう!

シカトルを利用するメリットは、パンフレットなどの資料を複数のスクールから一括的に入手することですから、複数のスクールから資料を入手し、講座内容や受講料金などを比較することがおすすめです。

シカトルに資料請求する際の注意点(資料請求後の営業電話)など
>>シカトルについて詳細にまとめました


コメント

タイトルとURLをコピーしました