介護職員初任者研修で学ぶ内容とは?シカトルでスクール選びが可能!

介護職員研修 シカトル
スポンサーリンク

介護職員初任者研修では、何を学ぶことができますか?

このページでは、介護の仕事に就くことを検討してる方のために、介護の入門編ともいえる「介護職員初任者研修」の学習内容や、「介護職員初任者研修」の資格を取ったらどんな良いことがあるのかなどについてご説明します。

介護職員初任者研修で学ぶ内容とは?何が身につくの?

高齢化が進むと、ますます求められる人材が介護の資格を持つ人です。

2013年には、新しい介護の資格として、「介護職員初任者研修」と「実務者研修」が誕生しました。

その中でも介護職員初任者研修は、これから介護を学ぶ初心者を対象とした研修となります。この介護職員初任者研修は、通学と通信教育で受けることができ、最短で1ヵ月ほどの研修で修了証を受け取ることができます。

では、その介護職員初任者研修で学ぶ内容とはどんなものでしょうか?

「介護職員初任者研修」では、介護職に求められる基礎知識や基本的な介護技術を身につけることができます。まさに、介護の仕事をするための最初の入り口となる研修になります。

介護職員初任者研修を受けると、どのような役に立つのでしょうか?

「介護と認知症とは何なのか」その認識が変わります

介護職員初任者研修で一番最初に何を学ぶのかということですが、介護職員初任者研修では、これから従事する介護の仕事がどのようなものかという職務の基本から学びを開始します。

また、介護にも色々な形態があり、認知症にも様々な症状があって、その症状も毎日変化するものです。介護職員初任者研修では、これらに関する講座を受講することによって、「介護と認知症とは何なのか」を学ぶことができます。

まず、身近な存在である家族や親戚の介護に活かすことができます

仮に、家族・親戚に介護が必要な人が出た場合、研修で学んだ知識を駆使することによって的確に対処することができるようになります。

介護職員初任者研修の講座では、身体介護や、介護を受けるための制度なども学ぶことになります。このような介護の制度(例えば、介護保険制度)を知ることは、身近に介護が必要になった際、その知識が活かされることで、役に立つ知識となるでしょう。

介護業界に就職する際に有利になる

介護職員初任者研修を終えた後、介護の業界で就職を希望している場合、必ず役に立つ資格となります。というのは、雇う側としては、資格を持たない新しい就業者に対しては基本から介護を教える必要があります。その手間や労力を考慮すると、やはり有資格者を雇用したいと思うのは当然のことです。

そのような事情において、介護職員初任者研修の資格は介護の基本を学習してきた証となり、有資格者を即戦力を有するものとして優遇することになるでしょう。

介護職員初任者研修は、介護福祉士を取るため最初の足掛かりになります

現在、介護福祉士を取るための受験資格として、介護職員初任者研修の資格はファーストステップとして位置づけられています。つまり、介護職員初任者研修のさらに上位の資格に実務者研修があります。

介護福祉士は国家資格であり、地位も高く、給与などにも大きく影響を与えます。介護職員初任者研修は、介護福祉士を取りたいとなったときにも有益な資格となります。

介護職員初任者研修を持っていれば、資格手当などの給与の増額が期待できます

介護職員初任者研修の資格があれば、職場によっては資格手当がつくこともあります。その額は少額ですが、無資格で就職するよりは、給与面でも有利になります。また、転職する際、資格があることで職場選びの幅が広がり、経験者としての優遇も加わって、今まで以上の給与アップも狙えるでしょう。

介護職員初任者研修のカリキュラムは、どんな内容?

介護職員初任者研修を受講する方にとって介護の勉強は初めての方が多いため、講座についていけるのかどうか、とか、研修を無事修了して資格を取ることができるのかどうか、などと、色々な不安におそわれることがあるかもしれません。

下記に介護職員初任者研修のカリキュラムの科目と時間数、さらに各科目の内容についてご説明してありますので、それぞれに目を通すことによって大体の内容が把握できるかと思います。

介護職員初任者研修で学ぶ研修科目と時間数

介護職員初任者研修で学ぶ科目は、次のとおりです。講義と演習で構成され、約130時間を要します。

<研修科目と、時間数について>
項目時間数
職務の理解6時間
介護における尊厳の保持・自立支援9時間
介護の基本6時間
介護・福祉サービスの理解と医療の連携9時間
介護におけるコミュニケーション技術6時間
老化の理解6時間
認知症の理解6時間
障害の理解3時間
こころとからだのしくみと生活支援75時間
講義の振り返り4時間
合計130時間

以下、それぞれの科目について説明します。

職務の理解 (6時間)

まず、研修をするにあたり、具体的なイメージを持って研修に取り組めるよう、介護の職種やサービス・施設など、職務内容などについて介護職全般について理解していきます。

ここでは、介護職として働く場所や実際の仕事の内容、介護の種類や介護サービスの分類などについて学びます。

介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)

介護にあたって、個人の基本的人権はたとえ要介護者になっても守られるべきあり、介護サービスをする側も高齢者や障害がある人の人権を尊重することが重要な基本姿勢となります。このような介護を受ける人の「人権」と「尊厳」についても学習をします。

また、サービス利用者の能力に応じた「自立支援」や、「介護予防」という理念に基づいたケアについて学んでいきます。

介護の基本(6時間)

要介護高齢者が増加する傾向にある中で、介護職に求められる「専門性」と「職業倫理」を学びます。このような、介護職の役割(専門性と多職種との連携)、介護における安全の確保とリスクマネジメントなど基本的なことについても学習します。

また、事故や感染など、介護する際のリスクを予防するための知識(リスクマネジメント)や、介護職員の役割と他職種との連携の重要性など、実際の仕事で押さえておくべき基本について学びます。

介護・福祉サービスの理解と医療との連携 (9時間)

「介護保険制度」や「障害者総合支援制度」など介護に欠かせない制度の目的やサービスの理念やしくみについて学習します。

また、医療・リハビリテーションなどとの連携についても学んでいきます。

介護におけるコミュニケーション技術(6時間)

サービス利用者一人ひとりのコミュニケーション能力の違いの理解と配慮を学習するとともに、その家族との信頼関係を築くコミュニケーションや、職員同士の情報共有など、コミュニケーションの重要性や考慮すべきポイントなどを学びます。

老化の理解(6時間)

加齢による身体や心の変化、疾病による症状や訴えなどの日常生活への影響について学びます。また、それに伴う高齢者の疾病と生活上の留意点についても学んでいきます。

認知症の理解(6時間)

認知症とはどのようなものなのか、「認知症ケア」の理念や、認知症についての医学的な基礎知識などを学びます。さらに、基礎知識や健康管理、心身や生活にもたらされる変化、必要なケアなどを学びます。

障害の理解(3時間)

障害がある人とその家族の心理や「かかわり支援」について、障害福祉の基礎知識や、心理・行動の特徴、本人や家族への支援などについて学習します。

また、「介護における障害」についての理解を深めていきます。

こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間)

介護方法の根拠となるこころとからだのしくみに関する基礎と、安全な介護サービス提供方法などの生活支援技術について学びます。 生活支援技術については、実際に「車いすの介助」や「体位変換」、「着脱介助」や「入浴介助」などの技術を、受講者同士が介護する立場と利用者の立場になるロールプレイングによる実技演習を行いながら学びます。

振り返り(4時間)

今までのカリキュラムの総復習、まとめとなる講座で、研修全体を振り返り、重要なポイントや疑問を改めて確認することで、知識と理解を深めます。 加えて、介護職として就職するにあたっての備えなども教わります。

介護職員初任者研修を終了してから資格取得まで

上記のすべてのカリキュラムを終え、レポートなどにすべて合格した後に、所属するスクールで、1時間程度の修了試験が行われます。

この修了試験は、研修で学んだことを理解しているか確認するためのもので、落とすための試験ではなく、しっかり復習をすれば合格できる内容です。

そして、上記のすべての修了条件を満たした方には、修了証明書が発行されます。

この資格は、正しい介護の知識と技術を持っていることの証として、一生に亘って全国で通用するものです。

介護職員初任者研修の次の資格として「実務者研修」を目指すことができます

この「実務者研修」は、「ホームヘルパー1級」と「介護基礎研修」が一体化したものとなっています。実務者研修を学ぶことで、介護の基本よりも更に深く学んでいくことになります。

そして、介護職員初任者研修を受けている方は、実務者研修としての講座を、320時間受講すれば、「実務者研修」の資格が取得できます。

また、こちらを受講することにより、介護福祉士受験の際の実技試験は免除となるため、筆記試験に力を注げるのも良い点です。

さらに、将来的に目指していくことが可能な資格は?

その先の資格としては、まず実務経験を3年積み、実務者研修も受講することで、国家資格である介護福祉士を目指すことができます。

介護福祉士になれば、その資格は国家資格ですから、介護のプロとして認められ、就職の際には、給与面や待遇面でも絶対的に有利になります。

ですので、介護職員初任者研修を受講した後は、まずは介護福祉士を目標に進むことが良いのではないでしょうか?

念のために知っておかなければならないこととして、介護福祉士実務者研修の修了は、介護福祉士国家試験を受けるためには必須となっていることです。
一方、初任者研修は介護福祉士国家試験の受験資格には含まれていません。
介護福祉士国家試験を受験する方は、介護福祉士実務者研修のの次に、実務者研修を受講し修了するひつようがあります。

さらに、介護福祉士として5年間の実務経験を積み、試験を受け合格した後は、ケアマネージャーになることも可能です。

このように、介護職員初任者研修を最初のステップとして、自分の頑張り次第でどんどんと資格を取り、実力と地位、そして収入を上げていくことができます。

まず、介護職員初任者研修を受けるために、どこのスクールで研修を受けるか?が問題です

つまり、介護職員初任者研修を受けるためのスクール選びが問題になります。

このページのシカトルの利用をおすすめします。

こちらもご参考にして下さい>>シカトルで介護職員初任者研修のスクール選びをする

シカトルに資料請求を一度申し込んだだけで、希望するエリアにおける複数の資格スクールからパンフレットを郵送してもらうことができます。

しかも、シカトルの一括資料請求は、無料で使えるので、手っ取りばやくスクール探しをしている人にはとては便利なサービスとなります。

それに、複数のスクールのパンフレットを取り寄せることで、受講料や授業内容などを比較して選ぶことができるため、スクール選びをする際にとても役立ちます。 シカトルのサイトを見たい方は、こちらからどうぞ
>> シカトルの資料請求のページ

複数のスクールからパンフレットを入手して、比較しましょう!

シカトルを利用するメリットは、パンフレットなどの資料を複数のスクールから一括的に入手することですから、複数のスクールから資料を入手し、講座内容や受講料金などを比較することがおすすめです。

シカトルに資料請求する際の注意点(資料請求後の営業電話)などはこちらに詳しく書いてあります。
>>シカトルについて詳細にまとめました

コメント

タイトルとURLをコピーしました