本文へスキップ

資格スクール大栄 資格の大栄の社会保険労務士講座

資格スクール大栄の社会保険労務士講座

資格スクール大栄の社会保険労務士講座

資格スクール大栄

このページでは大栄の社会保険労務士講座に関する特徴や評判、学費についてご紹介をします。

社会保険労務士の試験は法令が多く、しかもそれらの法令はたびたび改正されるため、つねに新しい情報に基づいた学習を進める必要があります。このような社労士試験対策として、大栄では、最新の出題傾向を分析し、短期間に合格レベルの実力が身につく合理的なカリキュラムを編成しています。

※ 大栄の校舎を直接訪問するのが面倒な方は、パンフレットやチラシを資料請求で入手しましょう!こちらから無料で資料請求できます↓↓

資料請求 >> 社会保険労務士講座大栄の社労士資格講座

大栄の社会保険労務士講座のスタイルや学習方法は?

大栄の社会保険労務士講座は、「ライブ講義」と「オンデマンド講座」

大栄の社会保険労務士講座を受講する際、大栄システムの通学講座では、「ライブ講義」と「オンデマンド講座」から選択することができます。

大栄のライブ講座の特徴

大栄の社労士資格講座 ライブ講座

  • 大栄のライブ講義は、通常の通学講座で、決まった曜日、時間に教室に通って授業を受けるシステムです。授業はアットホームな雰囲気で、初心者を対象としたクラスでは難解な内容をわかりやく説明してくれます。
  • このような通学講座では、大勢の勉強仲間ができてお互いに励まし合って勉強を進めることができます。
大栄のオンデマンド講座の特徴

大栄の社労士資格講座 オンディマンド講座

  • オンデマンド講座は、仕事などの都合で決まった曜日・時間帯に教室に通えない人のためのコースです。
  • 具体的には、前日までに予約して、教室でパソコンでデジタルコンテンツを受講することになります。アニメーションなどを使用したストーリー仕立てで、初心者の方もイメージしやすく、分かりやすい授業が展開されています。
  • 一人が1台のパソコンを使用し、自分のペースで授業を進めることができます。再生や巻き戻しも自由にできるため、難しいところは何度も視聴することができ、マイペースで受講することができます。
  • 逆に、試験日までに短期間で勉強する必要があるとき、状況にあわせて学習スピードをあげて受講することも可能です。
  • 学校内では、スタッフが自由に歩いており、気軽に声をかけて質問をし、説明を求めることができます。このように、授業で分からない箇所の質問や、学習スケジュールの相談などは、先生や教室のスタッフの方に気軽に質問や相談ができるシステムとなっています。

大栄の社会保険労務士講座は「CD-ROM通信講座」「DVD通信講座」「ウェブ通信講座」から選ぶことができます

大栄の大栄の社会保険労務士講座は「CD-ROM通信講座」「DVD通信講座」「ウェブ通信講座」という豊富なシステムから選ぶことができます。

大栄の「CD-ROM通信講座」「DVD通信講座」

「CD-ROM通信講座」「DVD通信講座」は自宅で、CDやDVDを利用して学習を進めるスタイルとなっています。

大栄の「ウェブ通信講座」
  • 「ウェブ通信講座」は、期間内であれば何度でも繰り返して受講することができるため、他人の学習スピードに影響されることなく、また他の受講生に気兼ねをすることなく学習を進めることができます。
  • この通信講座でも、メール等で講師に質問ができるため、学習中に難しい箇所があったときなどには、遠慮せずに活用することができます。

大栄の社会保険労務士講座のメリットは?

1.全国に教室数が多いため、通学に便利

  • 大栄のメリットは、ほぼ全国の都道府県に教室が設置され、どの教室も駅やバス停の近くなどの通いやすい場所にあるため、通学がしやすい点にあります。
  • 教室が県内にない場合、通学をあきらめたり、通信講座に切り替えたりする必要があります。また、教室が遠くて通学に時間がかかる場合、それだけ労力を要するため疲れてしまい、勉強に集中的できないという事態も生じかねません。通学に長い時間を使うより、その分を学習に使ったほうが良い場合もあります。
  • このように、教室に通いやすいというメリットは、限られた時間で効率的に学習する際にとても大切な条件となります。

2.パソコンや他の資格を同時に習うことも可能

  • 大栄では、他の資格も同時に習うことができます。例えば、FP資格だけでなく、簿記やパソコンなど、大栄とアビバが提供している様々な資格を同時に習うことが可能となっています。
  • ですので、事務職へ転職するために、パソコンと簿記の資格を並行して取っていきたいという方にもおすすめできます。

資格スクール大栄 社労士資格講座

大栄の社会保険労務士講座の特徴

基本からの実力養成と答案練習による試験対策

合理的なカリキュラムが短期合格を可能に

社会保険労務士の試験は法令が多く、その関連性を体系的に理解する必要があります。しかも、法令はたびたび改正されるため、常に新情報に基づいた学習を進める必要があります。

そのため、大栄では、最新の出題傾向を分析し、短期間に合格レベルの実力が身につくように、合理的なカリキュラムを編成しています。

授業とテストの反復で確実に実力を身につける

大栄の授業で基礎力を養成し、テストで実力を確かめる。理解不足の場合はテキストに戻って再確認する。この反復が、短期間に実力をアップする秘訣です。

大栄では、基礎力を養成する本科講座と、実戦力を養成する答案練習講座を効率的に組み合わせて、本試験合格を確実なものにする講座を組んでいます。

合格のノウハウを凝縮したオリジナル教材を開発

担当講師の手により、重要ポイントを絞り込んだオリジナルテキストと最新の試験傾向に即した問題集を科目ごとに作成しています。そのため、初めて法律を学ぶ方にも理解しやすく、無理なくマスターできる内容となっています。

※大栄のオリジナルテキストは、条文に沿った表記をしつつ条文通りでは理解できないものは、平易な文章に書き換えて理解が進むように工夫をしています。このため、初学者でも、最も効率的な知識が得られるように編集されています。

大栄の社会保険労務士講座 開講講座の内容と概要

基礎からの実力養成と答案練習を組み合わせて、確実本試験に合格できる講座内容となっています。

本科講座について

受験に必要な基礎力をしっかり身につける講座です。各科目ごとに重要ポイントを絞り込んで、わかりやすく指導いたします。本試験の9割以上解答できるまでの実力を養成します。

答案練習講座について

社労士試験に合格するための実戦力を養成する講座です。

科目ごとの最新の出題傾向に沿った問題演習と講師による解説が中心となっており、自分の弱点を発見しつつ、再度、問題演習で弱点を克服するとともに、合格を確実にすることができる受験テクニックを身につけることができます。

統一模擬試験について

本番の社労士試験を目前に控えて行うリハーサルテストです。本試験と同じレベルの試験内容となっているため、時間配分は適当か、漏れている知識や弱点はないかなど、合格のための最終チェックを行うことができます。そのため、短期で補うべき課題も発見できます。

直前模擬試験について

社労士本試験に万全の体制で臨めるように、試験直前の総仕上げを行うことができます。

大栄の社会保険労務士講座のコース別情報

社労士初心者コース(本科+答練)

受講時間 2.5時間 受講回数 69回 受講期間 12ヵ月~
  • 初心者からでも社労士試験の一発合格を狙うコースです。
  • 本コースは、基礎力を養成する「本科講座」と実践力を養成する「答案練習講座」を効率的に組み合わせて、きめ細かなカリキュラムを編成しています。そのため、試験直前には「直前模擬試験」「総合答案練習講座」を実施し、実力確認・実力養成をし、社労士試験の合格を目指すことができます。

社会保険労務士本科講座

受講回数 46回 受講期間 9ヶ月~
  • 「労働基準法」「労働者災害補償保険法」「雇用保険法」「健康保険法」「厚生年金法」「国民年金法」「労働、社会保険に関する一般知識」等という社会保険労務士試験合格に必要な知識を基礎から学び、確実に実力養成を図ることができる講座です。法令関係を中心に、社会保険労務士試験の合格に必要な法令の知識を学習する内容となっています。
  • 法律の初学者でも容易に理解できるよう、難解な条文はやさしい口調に直すことで、わかりやすい内容となっています。
  • 社会保険労務士試験では申請書などの手続規定や処分要件が出題されていますが、その内容がとてもよく似ており異同の判断が難しくなっています。いわゆるヒッカケ問題ですが、この類似事項を比較しながら、ヒッカケパターンを説明していき、知識の整理を行うことにより正解率のアップを図ることができます。
  • また、受験生が気になる「法改正情報」に関しても、授業カリキュラムに最初から含まれているため、安心して学習を続けることができます。
  • さらに、本試験合格に不可欠な「既出問題集(過去本試験出題問題集)」も合格への知識固めとして含まれています。この既出問題集は非常にボリュームがあり、自宅学習でも十分に問題練習を重ねることができるようになっています。
  • 社会保険労務士試験では覚える項目が多いため、「どうすれば覚えられるか?」という不安を持つ方が多いようですが、既出問題集を解くことを通じて覚えることが合格への近道となります。「過去問に始まり、過去問に終わる!」これが合格の鉄則です。

社会保険労務士答練講座

受講回数 20回 受講期間 3ヶ月~
  • 社会保険労務士試験合格のためには、まず過去本試験問題を確実に解けるようになることが重要です。過去本試験問題がある程度解けてきた次の段階として、本年度に予想される重要項目に絞って反復練習する必要があります。この予想問題を体系的に構成した講座が答案練習講座(答練講座)です。
  • 答練講座は基礎答案練習講座(8回)、精選答案練習講座(8回)、総合答案練習講座(4回)、模擬試験(3回)となっています。
  • 基礎答案練習講座と精選答案練習講座は、科目ごとの練習講座となっています。この科目ごとの練習講座が終了した時点で、最終仕上げとして総合答案練習講座に進むことになります。社会保険労務士試験合格のための知識は一度に習得できるわけではありません。段階的に合格に必要な知識を習得していくというコンセプトの元で講座が構成されています。
  • さらに、本試験では選択式8問を80分、択一式70問を210分で解かなければなりません。5肢択一式であるため肢問数でいえば350問を210分で解かなければなりません。スピードを要求されると、ケアレスミスが発生しがちです。答案練習講座を通じて受験生がどのような状況でケアレスミスが出るかも自ら体験することで、可能な限りケアレスミスを防ぐことができます。

大栄の主な社会保険労務士講座の基本料金は次の通りです

大栄の社会保険労務士講座は、時期や校舎によって受講料等が異なる場合があり、大栄では通学講座の学費は個別に資料請求で送られてくるパンフレットや各教室の窓口で答えることになっています。

従って、詳しくは、資料請求や教室へのお問い合わせで確認をお願いします。

大栄教育システムのおすすめ料金プラン

  • 大栄教育システムの料金体系では、低金利で教育ローンを取扱っています。
  • 受講料が高額になる場合には、このようなシステムを利用することも可能です。
  • 支払い方法は、希望の金融機関の口座からの自動的に引き落とされるシステムとなっています。
  • 教育ローンを希望する方は、資料請求した最寄りの大栄教育システムにお問い合わせ下さい。

特別割引クーポンのプレゼントについて

  • 大栄では、ネットで資料請求、無料体験予約、教室見学予約をすれば、特別割引クーポンがプレゼントされるキャンペーンを行なっています。
  • 下記の特別割引クーポンプレゼントのように、有効期限がありますが、このようなプレゼントは度々行っています。金額も大きいので、資料請求をしてぜひ利用しましょう。

資格の大栄 割引クーポン

大栄の教室は全国に100校以上!

「大栄」は、全国に100校以上の教室を開講している資格スクールです。
 ほとんどの県に、大栄の教室が設けられています。

※ 大栄の各教室の詳細を見るには、下記の公式サイトを開くと、下図のような全国の教室地図が開きます。その中から希望の県名をクリックすると、ご希望のページへ移動することができます。

>>資格スクール大栄(全国の教室ページ)

大栄 全国校舎地図

大栄の社会保険労務士講座 受講者の評判(口コミ)

樋口 ゆか様:とてつもなく嬉しい!! 感動的!!

<大栄の授業について>
良かったのはオンデマンド!! 何回でも繰り返し授業を見れますし、授業はとてもわかりやすかった。また、問題集やテストなど、教材が充実していて他に教材が必要なかったので、それをちゃんとやるだけでよかったです。
教室では、周りの人も一生懸命勉強してるからヤル気が出ました。皆さんとても親切で、いつも励ましてもらいました。
<オススメの勉強法について>
とにかく最初は勉強を進める。理解し辛い部分はノートに図式化して頭の整理をする。予習はしませんでしたが、復習と問題集はかなりしっかりとしました。
問題集は大栄さんのを2冊購入しました。
<合格の感想について>
とてつもなく嬉しい!! ものすごい達成感!! 感動的!! あ~嬉しい!!
勝因は、問題集と過去問を解きまくったこと!!!!

仁井 裕子 さん:いろいろなものに手を出さずに、講義・答案練習にしぼって着実に!

<大栄の授業について>
オンデマンド講義の説明がわかりやすく、講師の「言い換えればこうだ」というようなコンパクトにまとめた言い回しなどが良かったです。また、途中でムービーを止めて書けますし、繰り返し聞ける点はいいですね。
始める前はパソコンからの質問に不安があったんですが、むしろ、ゆっくり落ち着いて質問を出せるし、回答も2~3日後には返ってきて的確でわかりやすかったです。
それに、テキストが白黒で、カラーマーカーで書き込みがしやすかった。基礎答練と精選答練の中間レベルが本試験となり、問題のレベルが適度で良かったと思います。
<オススメの勉強法などはありますか?>
過去問が大事とよく言われますが、答練や模試といった最新の法改正を含んだ予想問題のようなものを繰返し解くことです。
私の場合は予習はせず、復習中心で、ノートは作りませんでした。すべてテキストに貼ったり、書き込んだりして一つにまとめておきました。苦手だった労働関係だけ、市販の問題集を1冊購入しました。
<合格の感想について>
1度不合格になったため、2度目で形にできたのが良かったです。
いろいろなものに手を出さずに、与えられた講義・答案練習にしぼって、それを着実にこなした点が勝因だと思います。
<現在勉強中の方や、これから勉強を始める方へのアドバイス>
合格率や周りの意見に惑わされることなく、講義とテキスト・答練を自分のペースでこなしていけば、合格にたどり着けます。

原田弘之さん:職場の労働条件の変更が受験のきっかけに

<大栄の授業について>
オンデマンド講座は、テキストに沿った基本的な内容でしたので、この基本事項を徹底して覚えるために何度も反復しました。この反復作業にほとんど1年を費やしてしまい、答練や過去問題を一度素通りする程度の学習しかできませんでした。
結果は選択式の労働基準法で足切に掛かり、合格できませんでしたが、予想以上に点数は良く、悔しさの中に多少の満足感もありました。
<勉強法などについて>
反省点としては、答練や過去問題を充分に学習することができなかったこと、日々の勉強時間にかなりの斑があり全く勉強しない日もあったことを反省。たとえどんなに忙しい日であっても、最低1時間でも勉強し、机に向かわない日がないようにと、2年目に挑みました。
基本事項についてはある程度知識として固まっていたので、自己学習、答練、過去問題集に重点を置き、その他できる限り多くの問題集を解くことに専念しました。
<合格の感想について>
毎日机に向かうということが習慣となり、生活の一部となってきました。言い換えると何もせずにはいられないというような感じで、切迫感や緊張感もなく勉強に集中することができたように思います。毎日の小さな努力をコツコツと積み重ねたことが、合格という結果に結びついたんだと思います。

鈴木 孝幸 さん:一度言い訳するとクセになり、結局いつまでも本気になれなくなるように思います。

<大栄の授業について>
先生による生講義(ライブ講義)があることと、さらにオンデマンド講義については何度でも受講可能だったことは魅力でした。1月から受講を開始した私にとって(※編注:社労士試験は8月実施)、講義以外にもオンデマンド講座を受講できたのは、インプットを短期間で行う上でとても役に立ちました。
また、精選答練は問題の内容、レベルが本試験に近く良かったと思いました。
教室の人数は、私にとってはちょうどよかったです。また、金曜日の夜に講座があったのですが、サラリーマンの延長で怠けてしまう金曜夜に強制的に勉強する時間が作れたのは良かったです。教室では受講生の方々の熱心な姿勢がひしひしと感じられ、自分も負けられないという思いを抱くことができました。先生からは熱意を感じることができた他、社労士開業後の実務の話を交えてくださったことは、勉強を続ける上でモチベーションとなりました。先生から「頑張ってますね」と声を掛けられると、この年でも嬉しかったです。
また、使用教材・授業の内容とも、基本的に各法律の条文をベースにしていて良かったと思います。世の中にはわかり易く噛み砕いた内容のテキストなどもあるようですが、結局は条文を読みこなす力が求められるので、条文をベースにしたもので学習を進められるのが良いと感じました。
<オススメの勉強法などはありますか?>
講義の前には必ず予習をし、その段階で自分がどれだけ理解できるかを確認し、講義後は必ずその日のうちに復習しました(当たり前ですが)。
過去問の1回目では各肢ごとに必ずテキスト該当箇所を確認しマーカーチェックを行い、テキストにない場合はテキストに書き込みました。あとは主に過去問の繰り返しで、その都度線引き、余白への殴り書きで頭に叩きこみました。
インプットが一通り終わってからは過去問の繰り返しでした。また大栄さん以外の他校の模擬試験も積極的に受けました。特に一般常識については的を絞りづらかったので、大栄さんを含め模試はとても役にたちました。また私の場合は特に選択式対策の勉強はせず、答練と模試の問題のみでした。
<合格の感想について>
とにかくうれしかったです。こわくて自己採点をしていなかったのですが、少なくても健保選択は救済待ちだとわかっていたので、自分の番号を見つけた時は興奮しました。もう苦しい勉強をしなくても良いという安堵感もありました。
勝因は、徹底的に教材を使ったこと。過去問は最低6回繰り返し、模試も可能な限り見直しました。問題を解くことで問題に対する「勘」も養われたような気がします。
それと、前提として絶対に合格するという気概だと思います。「こんな人を落とすための試験に落ちてたまるか!!絶対に受かってやる!!」という思いで勉強しました。
<現在勉強中の方や、これから勉強を始める方へのアドバイス>
やるからには徹底的に集中することが大事。遊びや趣味の時間を犠牲にする覚悟で勉強することだと思います。決して難易度が低い試験ではありませんので、自分に甘えがある限り合格は難しいと思います。
ただ、たまには息抜きが必要だと思います。その場合でも、今日遊んでその分明日2倍勉強しようというのはダメで、明日遊ぶなら今日は普段の3倍勉強するという姿勢が必要だと思います。
また、なかには記念受験で不合格でもいいやという人もいるようですが、私はそれには反対で、今年合格するつもりで勉強をしなければ力はつかないと思います。落ちてもいいという思いは自分へ言い訳になり、一度言い訳するとクセになり、結局いつまでも本気になれなくなるように思います。たとえ1度目は失敗しても、全力で取り組む人だけが次の成功に辿りつけるのだと思います。

まずは、気軽に資料請求を!(ネットから無料)

大栄に資料請求する方法は、下記の大栄の公式サイトを開いて、右肩の「資料請求」をクリックすることで、資料請求フォームへ移動できます。そこで、必要なことを入力すれば、大栄から資料パンフレットが郵送で送られてきます。

資料請求 >> ファイナンシャル・プランナー


【関連記事】

資格スクール大栄で受講! 講座ピックアップ!

簿記資格講座

この大栄でいつも人気講座の上位に入っているのが、簿記資格講座です。
それでは、大栄の簿記資格講座が、なぜ人気なのでしょうか?
大栄の簿記資格講座の受講を検討されている方は、チェックすべき点を見落さないように、後悔のない予備校選びをして下さい。

>> 資格の大栄:簿記講座


簿記3級講座

大栄の簿記3級講座は、簿記の勉強はまったく初めてという方や、実務経験はあるが簿記の体系的な勉強はしたことがないという初学者を対象とした講座です。
簿記の勉強は初めての初学者にとって、テキストの分かりやすさは非常に大切なことです。この点、大栄の3級講座は、初学者でも楽しみながら資格取得を目指せることができるテキストに編集されています。

>> 資格の大栄:簿記3級講座


簿記2級講座

大栄の簿記2級講座には、通学講座と通信講座があり、通学講座の場合は4ヶ月の学習によって合格を目指すことができます。
簿記検定は他の検定試験と同じように2級から一気にレベルが上がります。
そのため初学者は可能であれば簿記3級から始め、学習方法のコツをつかむことがおすすめです。

>>資格の大栄:簿記2級講座


簿記1級講座

ネットでは、簿記1級の資格取得について 「大栄で簿記1級は無理!」という評価がよく見られます。
しかし、大栄の簿記講座で簿記1級試験に合格した方の報告を見ると、大栄でも簿記1級資格を十分狙えることが分かります。

>>資格の大栄:簿記1級講座


宅建士資格講座

宅建士の学習を進める上で必要なテキストや問題集は、すべて大栄のノウハウを凝縮したオリジナル教材となっています。
テキストの内容は、ムダを省き、合格のためのポイントを絞り込んだ教材となっており、短期間で確実な合格を目指すことができます。

>> 資格の大栄:宅建士資格講座


医療事務資格講座

医療事務講座は、合格のために必要な資料をじっくりと作り込むことができるカリキュラムとなっています。
また、定期的に校舎に通学して、試験までのスケジュール指導、演習解答などのアウトプットを行うことで、初心者の方でも効率的に合格のための知識を身につけることができます。

>> 資格の大栄:医療事務資格講座