本文へスキップ

クレアールの通信講座で働きながら公認会計士に合格

クレアールの公認会計士通信講座で短期合格!

クレアールの公認会計士試験講座は社会人におすすめ

クレアールの通信講座「非常識合格法」で、働きながら公認会計士に合格できました!(合格体験記より)

クレアールの通信講座である「非常識合格法」は、講師の授業をスマホやパソコン等で好きな時間に何度でも視聴できる非常に効率的な学習方法です。

クレアールの公認会計士講座クレアールの非常識合格法

<このページの目次>

公認会計士について知っておきたいこと・・・

従来から、三大国家資格は、医師、弁護士、公認会計士と言われている通り、公認会計士は日本を代表する国家資格の一つです。

なお、公認会計士は税理士と混同されがちです。しかし、公認会計士試験に合格すれば税理士として登録することは可能ですが、税理士試験に合格しただけでは公認会計士になることはできません。このことからも、公認会計士のほうが税理士よりも上位の資格だと言われています。

従って、公認会計士試験は、難関の国家試験ですが、クレアールの「非常識合格法」で、働きながら「公認会計士試験に合格できた」方も多いのがクレアールの特徴です。

このように、国家試験の中でも難関の公認会計士試験に短期で合格するには、過去問の出題傾向を徹底的に分析し、学習する箇所を絞り込んで、重点的に学習する必要があります。

クレアール 簿記通信講座  

公認会計士試験の合格に必要な範囲を徹底的に学習する!
この学習方法がクレアールの「非常識合格法」です!

このように、クレアールでは受講生の「公認会計士試験合格」に目標を定め、ムダな部分を徹底的に省いて確実に合格を狙う学習指導を行っているため、試験勉強に時間をあまりとれない方でも、効率的な学習を進めることが可能となります。

公認会計士試験の合格へ!まずは、情報収集をしましょう!

>> クレアールに無料で資料請求できますクレアールに無料で資料請求できます

クレアールの考える理想の合格方法は、これです!

試験範囲が広範囲に及ぶ公認会計士試験ですから、仕事で忙しくて時間のない方が、確実に合格するためには、学習範囲を絞って「試験に出るところ」を徹底的に学習する必要があります。

クレアール 簿記通信講座 合格方法

クレアールでは、「非常識合格法」と名付けられた超効率的な学習方法を提供しています。パソコンやスマホなどのWeb通信端末を利用することで、非常識なほど効率的な学習方法で短期合格を目指すことが可能となります。

クレアールの通信講座で使用する学習システムは、非常識合格法の学習効果を最大限に引き出す「Vラーニングシステム」、そして、Vラーニングシステムによる学習を最も効率的に進める「マルチデバイス対応」、これらのシステムで効率的な時短学習を実現することができるようになります。

Vラーニングシステムとは?

「非常識合格法」の学習効果を最大限に引き出すシステムです!

Vラーニングシステムとは、「合格必要得点範囲」をより効率性の高い学習で習得できるシステムです。

時間に縛られることなく、自分のペースでじっくり学習に取り組むことができ、「学習したい」「問題を解きたい」と思った時に、すぐその場で取りかかることができる、映像ならではのメリットを活かした通信講座のための学習コンテンツです。

クレアール公認会計士 合格必要特典範囲

クレアールの「マルチデバイス対応映像講義」とは?

クレアールなら余計なオプション料金や複雑な登録作業なく、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスが簡単に追加料金なく視聴できます。 例えば、外出先ではiPhone、自宅ではパソコンで視聴しても追加料金は一切かかりません。

また、MP3の音声ファイルをダウンロードして音声で学習することもできます。

また、クレアールの通信講座で使用するパソコンは、WindowsだけでなくMacOSでも学習できます。スマホやタブレットはiOS、Androidのいずれでも受講できますので、手持ちのスマホでスキマ時間を利用して学習を進めることができます。

  • クレアールの「マルチデバイス対応映像講義」では、通勤・通学の移動時間や家事の間のすき間時間などのちょっとした時間でも講義を視聴でき、お持ちの学習時間をフル活用することが可能です。
  • また、「早朝」「昼間」「深夜」など、空いた時間に集中して学習できます。
  • さらに、クレアールの講義は最大2倍速までの倍速再生が可能なので、講義視聴時間を大幅に短縮できます。

クレアールの公認会計士講座には、各種のおすすめコースが設けられています。

クレアールの各種のコースは、かなり細かく分けられています。

ですので、どのコースを受けるのが良いか迷ってしまうかもしれませんが、クレアールの公認会計士講座の場合、一日の勉強時間によってどのコースを選択すれば良いか、判断できるようになっています。

上記のページに、下記のような「あなたにピッタリなコースは?」「学習可能時間で選ぶ」という一覧表があります。この一覧表の「おすすめコース」内のアンカーテキスト(青いアンダーラインが引かれている文字)をクリックすることで、詳細なページに移動することができますので、ご利用ください。

>>公認会計士講座・あなたにぴったりのコースは?

クレアールの公認会計士講座コース

クレアール 公認会計士

あなたにピッタリなコースは?

学習可能時間で選ぶ(講座コースを学習時間で選ぶことができます)

クレアール 公認会計士 コース案内

クレアールの公認会計士講座の受講料は、コース別に異なっています。

上記の「あなたにピッタリなコースは?」の「おすすめコース」から知りたいコースをクリックすれば、コースの詳細な内容や受講料も分かります。クレアール 資料請求

また、そのページの右方に「資料請求」のバナーが表示されていますので、このバナーをクリックすることで、無料の資料請求のページに移動することもできます。

クレアールの公認会計士講座の内容や費用

上記のように、クレアールの公認会計士講座のコースは合格目標の年数別に各種ありますが、そのなかでも代表的なコースをご紹介します。

下記の欄中において「期間限定料金」は、 クレアールで実施している期間限定の割引

講座名 ハイスピード型短答・論文トータルサクセスコース(Web通信)
価格 <初学者対象>445,000円(期間限定料金)通常は540,000円、
<3級修了者対象>440,000円(期間限定料金)通常は535,000円、
<2級修了者対象>415,000円(期間限定料金)通常は510,000円、
<1級修了者対象>375,000円(期間限定料金)通常は470,000円
特徴 忙しい人向けに設けられた、できるだけ短期で合格を目指すコースです。
一週間に20~25時間の学習を目安に、計算力の養成に時間をかけて勉強できるカリキュラムとなっています。
講座名 2年スタンダード合格コース(Web通信)
価格 <初学者対象>445,000円(期間限定料金)通常は540,000円、
<3級修了者対象>440,000円(期間限定料金)通常は535,000円、
<2級修了者対象>415,000円(期間限定料金)通常は510,000円、
<1級修了者対象>375,000円(期間限定料金)通常は470,000円
特徴 忙しい社会人や学生でも安心して受講できるコースです。
1年目は1日あたり2~3時間で、2年目は1日あたり3~5時間の学習目安で、2年かけて合格を目指すことができるコースです。
講座名 3.5年トータルセーフティコース(Web通信)
価格 <初学者対象>592,000円(期間限定料金)通常は770,000円、
<3級修了者対象>587,000円(期間限定料金)通常は765,000円、
<2級修了者対象>562,000円(期間限定料金)通常は740,000円
特徴 「非常識合格法」に基づくカリキュラムで社会人や忙しい人でもじっくり学べるコースです。
保証付きで、合格祝い金制度があるため、キャッシュバックが期待できます。

3年コースや4年コースはどう?

2年コース以外にもコースがあります。

例えば、3年コースだったり、4年コースといったものがあり、
これらを受講し3年や4年ではなくもっと短期で合格した場合には合格祝い金として返金されるようになっています。

ただ、最初から3年や4年かけて勉強する場合のほとんどの人は、目標期間以内で合格することはできないのが普通です。公認会計士試験は甘い試験ではありません。

どの専門学校に通っている人でも、また多くは早慶が多いですがそのような人であっても相当の努力をして受かるかどうかの試験です。

2年なら2年で絶対に合格するんだ!」という意気込みが重要です。

また、公認会計士試験の特徴として、長い期間勉強したら知識が増えて有利になる気がするでしょうが、これがほとんどありません。(論文科目で科目合格をすれば翌年は受かりやすくなるのはありますが)

公認会計士試験で最も求められるのは「短期決戦」です。

そのためもっともおすすめするのは2年コースとなります。

2年でおすすめする人は、学生や社会人の方が対象です。

そのためフリーの方は1年などの超短期決戦も可能ではあります。
この場合は平日はみっちり講義があるので講義の消化とともにその復習(問題演習等)をしていく必要があります。

そういった方は1年コースをおすすめします。

2020年目標と2019年12月短答目標って何が違うの?

コースで少し分かりづらいのが

「2020年目標」と「2019年12月短答合格目標」です。

2020年目標は短答、論文をあわせたコース 47万~54万円

それに対して2019年12月短答合格目標は短答のみのコース 27万~30万円

あわせたコースの方が安く済むメリットがありますが、2019年12月目標コースには大きな欠点があります。

それは2018年11月までに日商簿記3,2、1級の勉強をするスケジュールになっていますが、さすがにこんな短期間で1級までの勉強をすることは不可能というほかないでしょう。

12月から短答科目の勉強が始まりますので、このコースを選択する人は日商1級学習者レベルや短答式の勉強をしていたけどもう1度講義を聴いて1からやり直したい人に向いているかもしれません。

そこで、おすすめするコースは2020年合格目標になります。

2020年合格目標のスケジュール

スケジュールの特徴と評判

上記はクレアールのHPに掲載されている2020年目標のスケジュールになります。

このスケジュールから分かることは

①2019年6月まで 日商1級の勉強

②2019年7月~2019年11月 短答式の勉強

③2020年1月~2020年7月 論文式の勉強

※2021年合格を目指す場合は上記年数にプラスするといいでしょう。

公認会計士の勉強が本格的にはじまるのは②の7月からになり、11月までの約5ヶ月間で財務会計、管理会計、監査論、企業法の講義と短答答練、短答模試があります。

そして、短答式試験が終わり年が明けてから1月からは論文講義、論文答練、そして論文から新しく始まる租税法、経営学の講義がはじまることになります。

通常はこの期間では講義・復習等をこなすことは厳しくなりますが、公認会計士の勉強がはじまるまでに日照簿記1級対策として財務会計や管理会計の計算をやっているので公認会計士対策としては理論中心の勉強になるためそれほど時間をかけずに講義をこなすことができます。

段階を踏んで学習をしたい方にはクレアールは合っている学校であるといえます。

 

クレアールは非常識合格法といわれる学習方法をとっていますが、何も怪しい勉強方法ではありません。

合格に必要なものを確実に得点するという実はオーソドックスな学校の方針となっていますが、他の学校はどこが重要なのかを把握するのが難しく、そのため合格に必要なもの以外に時間を割いてしまうことで理解が中途半端になったり演習不足になることが少なくありません。

その点クレアールは教材・講義から徹底した基本を重視した戦略をとっているので、短い時間で合格に近づくことが可能になっています。

クレアールのWeb通信講座 進め方の特徴は?

1. 単元別講義

コンパクトな講義だから、スキマ時間を有効活用できます。

クレアール 簿記通信講座 単元別講義

クレアールの映像講義は1回につき1単元の「単元別講義」で行われています。単元の内容に合わせて1回60分~90分で完結するコンパクトな講義だから、まとまった時間が取りにくい方でも、スキマ時間を活用して学習でき、すぐに復習に取りかかることができます。

これにより、「講義で論点の内容を理解」→「理解した内容の復習」というサイクルが短いタームで行われることで、"高速高回転学習"の実現することができます。

また、講義時間が短いことにより、集中力が維持しやすくなることも、学習効果の向上におけるメリットとなります。

2. 解法マスター

解答までの思考プロセスを、徹底的に伝授します。
クレアール 簿記通信講座 解法マスター

日々の学習において、従来予備校が行っていた数多くの問題を受験生に配布することで、受験生自身が自己流で問題を解いて慣れていく学習法では、どうしても個人差を解消することができません。

解けるようになるまでに多大な時間を要するケースならまだしも、場合によっては解答を導き出すことができずにドロップアウトしてしまうケースもあります。

クレアールではこのような「問題が解けない悩み」を解消できるように、解法のテクニック自体を講義でしっかりと取り扱っています。また、紙面では分かりにくい説明も、講義形式で受講することで短期間で難しい論点をマスターすることができます。

クレアールの公認会計士講座の受講生 合格した方の体験談

働きながら無事合格できました

公認会計士Web通信講座 20代男性

最初は税理士の資格を目指していたのですが、クレアールの事務局に相談したところ、短期合格を目指すなら公認会計士の方が可能性は高いとのことで、公認会計士を目指すことにしました。
働きながら公認会計士の資格をとる必要があったため、選択肢は必然的に通信講座に絞られました。
私はクレアールの非常識合格法のとおり勉強し、根幹となる部分の確かな知識さえしっかり把握していれば、細かい知識が無くても合格は充分にできると確信しました。
企業法や監査論など講師は違いますが「趣旨に立ち返って考えること」「基本論点の理解を大事にすること」など、すべて非常識合格法に則った講義を受けられるため、迷わずに学習を進めることができました。

ゼロからのスタートで一発合格

公認会計士Web通信講座 30代女性

クレアールを選んだ理由は、短期間で一発合格を目指す「非常識合格法」に魅力を感じたからです。
社会人として仕事をしていたため、公認会計士の勉強はほかの人より遅いスタートになります。監査法人などへの就職も考えると年齢的に厳しく、それを打破するためには「上位での一発合格」しかないと考えたのです。
学生のころに1冊の問題集を徹底的に暗記して結果を出した経験がある私には、基本的かつ重要なポイントだけに絞り込んだクレアールの薄いテキストを使った非常識合格法は、すんなりと納得できるものでした。
試験当日には「これだけ頑張ったのだから絶対にほかの人に負けない」というくらいの自信で臨めました。短期集中で密度を濃く勉強したことで「すごくがんばった」という錯覚が生まれ、余裕を持って試験に臨む心構えになれたのだと思います。

いかに楽して合格できるかを考えていました

公認会計士Web通信講座 30代男性

もともと金融機関でトレーダーをしていたのですが、ある企業の財務分析をした際に簿記に興味を持ち、会計のスキルを高めたいと考え始め、公認会計士を目指すようになりました。
仕事をしているので、時間と場所を選ばず勉強ができる通信講座は本当に助かりました。仕事後に喫茶店で簿記や管理会計なども勉強していたのですが、スクールの教室ではなくリラックスしながら学習ができましたし、長期間続けられたのも通信だったからだと思っています。
公認会計士試験を通じて、私はいかに楽して合格するかを考えていました。手を広げすぎず、教材を反復しながら着実に身に着けていく。それが、上位合格できる秘訣だと思います。

合格への強い思いが大切!

公認会計士Web通信講座 20代男性

日商簿記1級をとった後、大学2年になってから公認会計士の勉強を始めました。
初年度は、ほかの生徒と一緒の緊張感のなかで、答練をする訓練がしたかったため、ライブの授業を受けました。
2年目と3年目はDVDの授業を選択。1.5倍速で授業を進められることと、細かくメモがとれることが便利でした。
人それぞれに合う勉強法があると思いますが、一緒に勉強していた大学の仲間や後輩たちのなかで一発合格したのはクレアールが最も多かったです。だから、一発合格を目指すなら、クレアールが最適だと思います。

学習範囲の選択が合格への鍵!

公認会計士Web通信講座 20代女性

自信を持つことと、決めたことは絶対に続けること。
それが合格する秘訣だと思います。
答練や模試で合格ラインに届かないと判定された私が合格できたのは、「絶対に合格してやる!」という強い意志を持ち続けたからだと思うのです。
その気持ちを持ち続けられた一因に、クレアールの「非常識合格法」があったからだと思います。薄いテキストで最初は心配でしたが、学習範囲を絞り込んで繰り返し学習することで、知識と能力を着実に身につけられました。
応用問題でも、クレアールのテキストの範囲だけで十分に対応できましたし、公認会計士を目指す方にはオススメのスクールですよ。

▼ 合格者のインタビューは、たいへん参考になります!

2017年公認会計士合格祝賀会インタビューNo.1

働きながら学習されて合格された方や、一発で合格した方などの苦労話、なぜクレアールを選んだのか、などの体験談はたいへん参考になり、励まされます↓↓↓

クレアールの公認会計士講座 合格体験インタビュー

クレアールに資料請求することをおすすめします!

クレアールは、Web通信講座で、公認会計士試験に合格したい方に最適の予備校です。

クレアールの「非常識合格法」は、Web通信を利用することで、効率よく学習を進めることができ、通勤等で勉強時間があまりとれない方でも短期合格が可能な通信講座となっています。

また、自宅にいながら自由なスケジュールで本格的な講義を受講できる通信講座ですので、学生や主婦の方にも公認会計士試験を効率的に勉強することが可能となります。

お得な割引制度も充実

さらに、クレアールでは、お得な割引制度も充実しているため、なるべく安い価格で講座を受けたい方にもおすすめです。

Web通信なら、高校生や大学生、働きながらも、効率良く公認会計士試験の合格を目指すことができます。しかも、低価格で、高い合格率で評判!

公認会計士試験の合格へ!まずは、情報収集をしましょう!

クレアールの公認会計士講座 資料請求

>> クレアールに無料で資料請求できますクレアールに無料で資料請求できます

資料請求は、合格体験記のページからもできますので、他の合格体験記を読んでから資料請求することも可能です。

資料は2~3日で郵送されてきますし、資料の中には講義のサンプルDVDも添付されています。サンプルDVDの中にはMP3 データも収録されています。

資料請求後にクレアールから送られてきたパンフレットやDVDなど↓
簿記検定のパンフレットも付いていました。封筒に入りきらないため、レターパックで送られてきました。それでも無料でしたから、感謝です。

クレアール 公認会計士

石井和人講師の書籍「受験界のカリスマ講師が教える公認会計士試験の非常識合格法」と石井和人講師のDVD講座(見本)↓

クレアール 公認会計士 DVD

クレアールに資料請求をするメリットは?

クレアールのサイトには、多くの合格体験記が掲載されていますので、ぜひ一読していただきたいと思います。働きながら短期で公認会計士試験に合格した方の体験や、公認会計士試験に一発で合格した方の体験など数多掲載されています。クレアールに資料請求

このような合格者の体験を読むと、クレアールの「非常識合格法」のすごさがよく分かります。

そして、合格者の勉強方法や生活の工夫などを知ることで、自分の参考にもできますし、合格へのモチベーションを上げることも可能になります。

実際に資料請求してみましたが、入力情報も少なく2分で請求作業は完了します。

資料請求後も勧誘の電話などは一切ありませんでした。

クレアールへ資料請求


【関連記事】

公認会計士・監査審査会で発表されている「平成31年試験について」

詳細はこちらに >> 平成31年公認会計士試験の施行について(公式サイト)

公認会計士試験 日程