本文へスキップ

クレアールで受講!合格するための学習方法とは?

クレアールで受講!学習方法は?

クレアールで受講する 学習方法

クレアールの学習方法:合格するための学習方法とは?

クレアール 学習方法

クレアールで受講したときの、勉強の進め方は?

まず、クレアールの講義を受講したあとは、復習をします。まあ、これは当然のことですが、その復習の際に、過去問題で受講した内容がどのように出題されているかをチェックします。

具体的には、

  • 1)選肢別チェック集、各科目別の過去問題集を使用する。
  • 2)数週間後、添削問題や過去問題などを使って、知識の確認をします。
  • 3)理解があやふやな事項は補充し、さらに数週間後、 知識を確認します。

このように、数週間置きに反復学習することによって知識の正確性を高めていきます。(→「エビングハウスの忘却曲線」の利用ですね)

例えば、クレアールのカリキュラ ムでは、民法・不登法の講義後に商法・商登法を学習することになっています。

そこで、商法(会社法)・商登法の講義の時期には、商法(会社法)・商登法の復習とともに、民法・不登法の不正確な部分についての反復学習が重なり、両者を並行して学習することができます。

そして、答練が開始されたときには、さらに答練問題を使って知識の確認作業を行うことになります。さらに、答練で正答を導き出せなかった問題は、1肢毎に正誤の理由付を復習し、知識の正確性を高めていくことができます。

クレアールには資料請求者限定の特別割引クーポン券があります。

クレアールの内容をパンフレットで知りたい方は、資料請求をすればすぐに郵送してもらえます。資料請求すると、パンフレットの他に、資料請求者限定で発行される特別割引クーポン券やたくさんの情報が書かれたチラシなどが送られてきます。

上記の特別割引クーポン券は、受講コースに応じて、5,000~30,000円程度の割引きがなされるうえ、期間限定割引との併用ができるため、さらにお得です。

資料の中には、講義のサンプルDVDも添付されています。サンプルDVDの中にはMP3 データも収録されています。

パンフレットは2、3日後に無料で郵送されますし、係からの電話連絡などは一切ありません。

>> クレアールに無料で資料請求できますクレアールに無料で資料請求できます

クレアール独自の効率的学習法

非常識合格法 - クレアール独自の効率的学習法 概要は?

クレアールの非常識合格法は、「合格必要得点配点範囲」に徹底的に絞ったカリキュラムと「テキスト」「講師陣」、脳科学で実証されている暗記法「スピーチ」により、公認会計士のような難関資格でも確実に合格することができるようにカリキュラムが組まれています。

ですので、仕事や学校で忙しい方や、なるべく安い学費で効率良く合格を果たしたい方に最適な学習方法となっています。

クレアールの非常識合格法 特徴は?

学習範囲を限定し、その部分を徹底的に学習するクレアール独自の効率的学習法です。以下の3つの要素が「非常識合格法」の特徴です。

合格必要得点配点範囲

公認会計士試験の膨大な試験範囲から試験頻出範囲に絞り徹底的に学習します。

クレアールの合格必要得点配点範囲について

合格必要得点配点範囲とは何ですか?

公認会計士試験は科目数が多く、一科目あたりの出題範囲が広くなっており、この範囲をくまなく学習して合格することは、かなり難しいのが現状です。

また、受験生の多くが正解できなかった問題については配点が低くなり、多くの受験生が正解できた問題は配点が高くなるように調整が行われているのも現状です。

以上のような多くの受験生が正解できると思われる基本論点を抽出した範囲を「合格必要得点配点範囲」と呼び、非常識合格法ではその範囲を徹底的に勉強して確実な知識にしていきます。

合格に必要な範囲だけを徹底学習

非常識合格法で学習するのは、合格のために最小限必要な範囲。新試験制度になってさらに試験範囲が増えたことで、学習範囲が特定できない受験生が増え続け、同時に知識が疎かになる受験生が今後多くなることが予測されます。

そんな中クレアールの非常識合格法では、あらかじめ試験に頻出する範囲を限定し、公認会計士試験において基礎といわれる分野を完璧にし、満点を取ることではなく、全科目において合格ラインを超える学習をします。

莫大な時間を要する「できない問題で差をつける」のではなく、「できる問題で確実に差をつける」学習を徹底する事で、合格までの学習範囲が十分に明確化され、無駄のない効率的な学習が可能となります。

テキスト

合格に必要な論点だけに絞った薄型の教材を実現しました。

クレアールのテキスト見本

テキストも合格に必要な範囲だけに絞り超薄を実現

クレアールのテキストは、非常に薄いテキストとなっています。

通常なら、テキストが厚ければ厚いほど合格するために有利に働くと考えがちです。
しかし、公認会計士試験は出題範囲が膨大であるため、限られた時間内ですべての論点をマスターすることは、事実上不可能です。

そこで、クレアールのテキストは、試験では落としてはならない重要論点のみに絞った構成となっています。このように学習論点を絞ったことで、未学習の論点が本試験で出題された際に解答できるかどうか心配だ、という方もいるかと思います。

しかし、基本論点をマスターできていれば、その知識を利用して解答することができます。また、学習範囲を絞り込むことで、重要論点に対する理解度を深めることが可能となります。

スピーチ

「スピーチ」とは、学習内容を声に出すことで記憶を脳に定着させることです。

スピーチの具体的な学習方法

「スピーチ」学習法は、記憶のメカニズムに基づいた暗記法!
 確実な暗記と理解を実現できます。

記憶法には「方法記憶」「知識記憶」「経験記憶」があり、特に高校卒業以降に得意となるのが「経験記憶」です。これは、自らの経験を絡ませて関連づけたり整理したりして記憶する方法です(憶えたい事柄を自分の経験や既に記憶した事項と関連づける記憶方法)。また、口から音声を発し、それを耳で聞くという身体の体験的な記憶方法を利用します。「スピーチ」学習法では、「経験記憶」を最大限に活かすことができます。

このような「スピーチ」学習法で、論文式試験等においては正確な記憶と理解にもとずいて答案に文章を 書き記すことが可能になります。

クレアールの学習方法に関する 興味深い合格体験談

結論から言うと、私は「優秀な人からノウハウを奪う!」という後発優位性的戦略をとる事に決めました。

公認会計士 合格体験記

クレアールの公認会計士合格体験記「合格者=優秀  勉強できない人の逆転合格法」

OKさん
明治大学 商学部 商学科4年在学中(合格時)

はじめに

はじめまして。私は公認会計士試験に合格した、五十嵐塾生のOK(※本名は割愛します)です。私は簿記1級終了後、大学2年生の6月からこのクレアール(水道橋本部校)にライブクラスで入学しました。
クレアールに入学した理由は、合格する人はどの専門学校に行っても受かるので費用対効果の観点からクレアールを選びました。そして、私は大学4年である今年、この公認会計士論文式試験に合格しました。
おそらく、この合格体験記を読んで下さっている受験生の皆さんは、「在学中合格なんて凄い!この人も頭が良いんだ。」というイメージを持たれていると思います。しかし、「合格者=頭が良い」は間違いです。もちろん優秀な方が非常に多いですが、少なくとも私は優秀ではありませんでした。
私は早慶合格がなんとか十数名出る程度の中堅高校に入学し、その高校の期末テストで下から5番目を取るほど勉強は苦手でした。
そんな勉強のできない私がこの公認会計士試験を在学中合格した「逆転合格法」をこの場を借りてお伝えしたいと思います。

逆転合格法とは

勉強は勉強時間×勉強効率(ノウハウ)によって勉強成果が変わります。時間は全員に等しく「1日24時間」という絶対的な時間が与えられています。
試験合格には「勉強ノウハウ」というものが非常に重要となってきます。
この点、「勉強する」という事について、まともに学習経験の無い私と周りの優秀な受験生には、この「ノウハウ」の有無という絶対的な壁があります。
この壁を超えるため、結論から言うと、私は「優秀な人からノウハウを奪う!」という後発優位性的戦略をとる事に決めました。
つまり、
1.優秀な人と仲良くなる。
2.優秀な人の勉強方法を盗む。
3.それを自分なりにアレンジして実践する。
この3ステップによる勉強を始めました。
この点、クレアールは毎回同じメンバーが同じ授業を受ける上に、五十嵐塾を筆頭に多くの合格ゼミが設けられている為、1.については社会人の方も含め、他の専門学校より条件が満たしやすいと思います。
後は、自分自身で2.及び3.の手順を踏めば、頭が悪くても、頭の良い人と同様、飛躍的に成績が伸びるはずです。

優秀な人の勉強法とは?

それではここで、私が発見した(盗んだ)優秀な人の勉強法を3つ紹介したいと思います。
①長期→短期に落とし込まれた学習計画
多くの合格者がやっていた事は「勉強計画」です。
具体的には、まず長期目標(例えば、今年の8月に偏差値57で会計士試験合格する等)を立て、それが実現出来る様に中期(1ヶ月程度)計画(例えば、連結を完璧に仕上げる等)を設定し、それに基づいて短期(1日~1週間)計画(簿記答練1~3をやる等)を策定していました。
この場合、多くの場合は予定通りにいきません。なので、例えば、日曜日は遅れを取り戻す勉強をする日等、次の短期計画に繋がるよう、週1でフリーな日を設定する事がオススメです。
②忘却曲線の流れに沿った復習
会計士試験の難しさはその膨大な勉強量にあります。
そのため、「復習」が最も重要なプロセスとなります。この点、人は1日で約80%忘れると言われています。
しかし、何回も復習する事によって忘却率を軽減する事が出来ます。これをエビングハウスの忘却曲線と言います。この忘却曲線の観点から私は効率的に覚える為に、1日の最後1時間、1日後、1週間後、2週間後、3週間後と計5回の復習を設けました。
もちろん、後になればなるほど時間は短縮できるので、そこまでの負担はありません。そのためにその日になにを勉強したかをメモしていました。そのメモについて3.にて説明しようと思います。
③勉強量の可視化
勉強量(努力量)は目に見えにくいものです。
長期的勉強において最も重要なのはモチベーションの維持ですが、これを維持する為に私は「勉強量の可視化」をする様に心がけていました。
具体的には、1日24時間のタイムスケジュールに科目ごとに色を塗り、どの科目をどれだけやったかを目で見える様にしていました。
これにより科目ごとの勉強の進捗度が一目瞭然であり、フリーの日曜日に進捗状況の悪い科目を勉強でき、全体的な勉強バランスがとれます。
また、自分の努力が可視化する事で自己満の範囲でモチベーションの向上につながります。さらに2.でも説明した様に復習にも役立ちます。
④合格を意識する
少し話は変わりますが、やはり長期的勉強において精神面も非常に重要です。合格者した人はみんな、毎日鏡に向かって「合格する」と言い続けていました。
ある人は毎日、紙に「合格する」と書いていました。これらを私も毎日実践してみました。
すると本当に合格できると錯覚?し出します。合格できるように今まで以上に努力します。勉強が楽しくなり、試験が待ち遠しくなります。だって合格するのだから。
これらの勉強法はあくまで、頭の良い人が今までの経験によって編みだしたものなので、経験のない私にとっては、頭の良い人達以上に努力する必要があります。今まで勉強して来なかったツケです。そこで負けてはいけません。

最後に

私はこの勉強をして、この勉強法は他校よりクレアールの非常識合格法に合っていると思いました。
というのもテキストが薄いため、重要論点のみを効率的に復習出来ること、範囲がうまく絞れているので、長期的計画が非常に立てやすかったです。
きっとクレアールのテキストの薄さに不安を覚える人も多いと思いますが、過去見ても他校に劣る実績は存在しません。テキストを信じて勉強して下さい。
最後に、合格指導を親身になって考えてくださった五十嵐先生、合格に導く指導をしてくださったクレアールの先生方、勉強環境を整えてくださった事務の方々、切磋琢磨し合い、また本気で応援してくれた勉強仲間にこの場を借りて感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

クレアールに資料請求してみました。すると、・・・

クレアールに資料請求をしてみたら、色々なことが分かりました。

特別割引クーポン券は、資料請求をした人限定に配布されます!

下記の特別割引クーポン券は、クレアールに資料請求をした方に限定で適用される受講料割引券です。社会人応援キャンペーンの場合、最高30,000万円、それ以外でも資料請求者限定で、最高15,000円の割引クーポンが使用可能になります。

資料請求で入手できる特別割引クーポン券

上記の特別割引クーポン券の右肩に付した赤丸の中には、以下の文面が表示されています。ここに記載されているように、「資料請求をしてくださった方に限定し、受講料特別割引のクーポン券を同封させていただきます。」と記載されています。

また、クーポン券の利用方法として、「当校Webサイトからのお申込み時に、クーポン券のご利用の胸を通信欄に明記ください。」と記載されています。

資料請求 特別割引クーポン券

期間限定割引とは?

なお、上記の説明書きには、「当クーポン券は期間限定割引との併用が可能です」と記載されています。期間限定割引とは、資料請求で送られてくる以下のようなチラシで紹介されているように、期間限定で行われている割引キャンペーンのことです。

定期割引

このチラシの上部に記載されているように、「トータルで246,000円もお得」と、申し込むコースによっては、かなりの割引額を期待できます。

ですので、資料請求は必ず行って、近々の情報を仕入れておきましょう。

特に、受講の申し込みを行う際には、最新の情報を仕入れるために、再度、資料請求することをおすすめします。

クレア―ルに資料請求する2つの方法

1) 複数の資料を一括的に請求する総合資料請求フォームを利用する方法と、2) 講座ごとに資料請求する方法の 2つです。

※ 当然ですが、1)2)のいずれの資料請求も、無料です。

「総合資料請求フォーム」を利用して資料請求する方法では、複数の講座のパンフレット等を一括して請求することができます。

<注意> 一括資料請求とはいっても、一度に請求できる講座の数は3種類までとなっていますので注意しましょう。

>>こちらから「総合資料請求フォーム」を利用して資料請求できますクレアールに無料で資料請求できます

↓下記の左はパソコンで検索した場合の「総合資料請求フォーム」 
 下記の右はスマホで検索した場合の「総合資料請求フォーム」です↓

クレアール 総合資料請求フォーム

わたしも、「総合資料請求フォーム」を利用して3種類の講座の資料請求をしてみました。すると、3日後に各講座のパンフレットやDVD等が各講座別に送られてきました。

クレアールの場合、資料請求後に、電話等で勧誘めいた連絡があるわけでもなく、非常に気楽に資料請求できます。

なお、資料請求して送られてくるパンフレットは、通常は下記の中央のような白い封筒ですが、量が多い場合には左側のようなユーパックで送られてきたり、右側の透明の封筒に入ってくることもあります。

クレアール 総合資料請求フォーム

<例:クレアールの公認会計士講座の資料>

左側のようなユーパックで送られてきたのは、公認会計士講座の資料で、下記のようにたくさんのパンフレットやチラシの他に、石井和人講師の講義DVDや書籍「公認会計士試験 非常識合格法」が入っていました。

公認会計士のパンフレットの他に、関連資格として、簿記検定のパンフレットも入っていました。クレアールのパンフレットは、印刷も良く、非常にきれいで、ネットよりもはるかにわかりやすい編集となっています。

クレアール 資料請求 公認会計士パンフレット

石井和人講師の講義サンプルDVDや書籍「公認会計士試験 非常識合格法(1500円の市販品:すばる舎:全270ページ)」の拡大画像です↓↓

クレアール 資料請求 公認会計士「非常識合格法」講義DVD

2)講座ごとに資料請求する方法について

例えば、下記の資料請求フォームは、公認会計士講座の専用フォームです。

クレアール 資料請求 公認会計士

調べてみたら、クレアールの「公認会計士・税理士・簿記検定・司法書士・公務員・社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士」講座に関しては、各講座ごとに資料請求をする専用のページ(資料請求フォーム)が設けられています。

「宅建士と通関士・貿易実務」は、専用の資料請求フォームではなく、上記の総合資料請求フォームから申し込むようになっています。

資料請求フォームの「お名前・ご連絡先など」の記載について

クレアールの資料請求フォームの「お名前・ご連絡先など」の内容です。

クレアール 資料請求フォーム

クレアールの資料請求フォームの「お名前・ご連絡先など」を内容とみると分かるように、「生年月日」と「電話番号」の記載が任意なのは嬉しいですね。

特に、電話番号の記載が任意になっていることで、資料請求をしても、クレアールの担当者等から勧誘めいた電話など一切ありません。

「職業」の選択肢は、下記の通りです。このなかに、「学習専念」という選択肢があるのは興味深いですね。

クレアール 資料請求フォーム 職業の欄

資格試験に合格するには、情報収集からはじめましょう!

クレアール 資料請求

>> クレアールに無料で資料請求できますクレアールに無料で資料請求できます

パソコンから資料請求する・スマホから資料請求する

パソコンから資料請求する方法

各講座の公式サイトから、資料請求をする方法は、パソコンの場合、各ページの右側に下記のような「資料請求」のバナーが表示されていますので、これをクリックすれば資料請求フォームのページが開きます。

クレアール 資料請求 パソコンの場合

スマホから資料請求する方法

また、スマホの場合、各講座のページの下方に、下記のような「資料請求」のバナーが表示されていますので、これをクリックすれば資料請求フォームのページが開きます。

クレアール 資料請求 スマホの場合