本文へスキップ

ユーキャンの宅建士速習講座 宅建士

ユーキャンの宅建士速習講座なら3カ月で宅建士の合格が可能!

ユーキャンの宅建士速習講座 7月から3カ月で宅建士に合格!

ユーキャンの宅建士速習講座:今年の宅建試験を目指す!

ユーキャンの宅建士速習講座

今年の合格を目指すユーキャンの宅建士速習講座                                     

※受講お申し込み受付は、7月27日(金)までとなっています! 早目に!

  • 従来の宅建本科講座は、学習期間が6ヵ月のため来年の試験をじっくり目指すように計画したカリキュラムになります。
  • しかし、「速習講座」なら、今から今年の合格が目指せる速習カリキュラム!
  • 今から始めて、最短3カ月、今年10月の試験に間に合います。
  • 今年度試験の願書は、締切日(7/31)までに、必ず自分で出願手続きしておきましょう。ユーキャンの宅建速習講座は、今年度試験にのみ対応しております。

宅建試験に関する概要

  • 試験日程・詳細データ
  • 受験資格 :年齢、学歴等の制約はなく、どなたでも受験できます。
  • 申込受付
  • インターネット:平成30年7月2日から7月17日まで
  • 郵送:平成30日7月2日から7月31日まで(消印有効)
  • 試験日:平成30年10月21日(日)
  • 試験地:在住の都道府県
  • 出題形式: 50問/四肢択一(マークシート方式)

宅建士の難易度

宅建試験は50問で、約7割正解すればほぼ合格が可能となっています。
試験問題は7〜8割が過去問の焼き直し。
しかし、試験範囲は膨大ですので、宅建試験に効率よく合格するには、学習範囲の「絞り込み」が合格のポイントとなります。

ユーキャンのテキストは徹底的に試験問題を分析し、合格に必要なことに絞って編集されています。その結果、基礎テキストは3冊だけの構成で、短期合格を目指すことができます。

詳細・申し込みは公式サイトからできます
>>ユーキャンの宅建士速習講座

宅建士に3カ月で合格する! ユーキャンの宅建士速習講座

ユーキャンの宅建士速習講座は、今年の宅建士試験に合格するために計画されたものです!

ユーキャンの宅建士速習講座の教材

宅建資格に合格するには、宅建試験の出題傾向をおさえた講座選びが重要です!

宅建資格の攻略法 要点
  • 1) 宅建試験は50問で、約7割正解すればほぼ合格可能!
  • 2) 宅建の問題は、7〜8割が過去問の焼き直し!
  • 3) しかし、試験範囲は膨大だから学習範囲の「絞り込み」が合格のポイント!

直近5年間の受験データから、7割前後の得点が合格基準点だと判明しています。ですので、短期合格のためには、満点を目指す必要はなく、出題される可能性の高い出題範囲に絞って学習することが肝要です。

ユーキャンの宅建士速習講座で絞り込んで合格

ユーキャンの教材は、合格のための7割を攻略します!

ユーキャンの基礎テキストは3冊のみ。しかも、すごく薄いため、他校の教材と比較すると不安に思うかも知れません。これには理由があり、出題される7割の問題に正解するため、重要箇所を絞り込み、集中して学習するためです。

しかも試験問題は7〜8割が過去問の焼き直しですから、膨大な出題範囲をすべて学習する必要はなく、出題される7割の問題を徹底して絞り込み、集中的に理解を深め、効率的に覚えることが重要となります。

では、どうやって学習範囲を絞り込めばよいのでしょうか?

そのヒントは、ズバリ! 宅建試験の過去問を分析することです。その結果、過去問の焼き直しが7〜8割を占めるという分析結果が出ています。ですので、過去に出題された内容に絞って学習すれば、効率的に実力をつけることが可能になるという訳です。

ただし、過去問といっても相当な分量があり、その中には出題可能性の高いものもあれば、低いものもあります。従って、膨大な過去問の中から、出題される可能性が高い箇所を絞り込み、繰り返し学習することで記憶に定着させる、このような攻略法が有効となります。

ユーキャンの宅建士速習講座の基礎テキストは3冊

学習範囲を絞り込んだ結果、過去問をしっかり演習することが短期合格の重要なカギとなります。

しかし、膨大な量の過去問に取り組むのは大変ですが、ユーキャンは、過去問の中でも特に出題率の高い問題を厳選した「過去問で鍛える!実戦テキスト」を用意してあります。このテキストには、詳しい解説やアドバイスがついているため、基本知識の定着も同時に行うことが可能になります。

試験範囲は膨大だから試験範囲の絞り込みが合格のポイントです!

宅建の試験範囲は膨大です。その膨大な試験範囲から、50問だけが出題されるのですから、学習範囲の絞り込みをしなかったり、絞り込みに失敗すると、学習に膨大な時間がかかってしまい、多くの得点源を逃してしまいます。

よって、学習する知識の適切な絞り込みと、それを定着させる学習が非常に大切ということになります。

ユーキャンの宅建講座では、講師陣が「出るところ」をしっかり絞り込んでいます!

ユーキャンの宅建講師の数は20名以上。この講師集団が試験の傾向を分析したうえで、指導する体制が整っています。ですので、頻出ポイントを押さえた、ムダのない学習をつづけることで、合格への実力を着実につけていくことができます。

過去問の分析から徹底的に絞り込んだ効率テキスト!

ユーキャンの宅建講座で使用する基礎テキストは、わずか3冊です。この3冊の中に、過去問を徹底分析した合格に必要な内容が詰め込まれています。ですから、わずか3冊のテキストでも大丈夫ということになります。

基礎テキストで基礎を学んだあとは、実践力をつけるだけ!

ユーキャンの宅建講座では、実践力をつけるための教材として、過去問の中から「特に出題率の高い問題を厳選した」過去問実践テキストが用意されています。

このテキストには、わかりやすい解説が一問ごとに付けられ、基礎知識の確認も同時に行なうことができます。

そんなユーキャンの宅建講座で、合格実績は?

   ユーキャンの宅建士速習講座

ユーキャンの宅建士速習講座で宅建士に合格する

受講生専用のインターネットサービス

『学びオンライン プラス』を利用すれば、スマートフォンやパソコンから講義動画やミニテストが見られるので、より便利に楽しく勉強することが可能となります。

実力強化のスクーリング/DVD

ユーキャンの宅建講座の講師が、受講生の前で直接講義をするスクーリングで、本番前の総仕上げが可能となります。例年8〜10月の試験直前期に実施されます。7月頃になると、別途ご案内があります。

なお、このスクーリングは、会場に来られない方のためにDVD講義もあります。(なお、DVD講義は、希望者のみ有料で配布されます)

ユーキャンの宅建講座 学費について

ユーキャンの宅建士速習講座の受講費・学費

ユーキャンの宅建士速習講座 まとめ

ユーキャンの「宅建士速習講座」なら、今から今年の合格が目指せる速習カリキュラムとなっています。今から始めて、最短3カ月、今年10月の試験に間に合います。

実際の宅建試験は50問で、約7割正解すればほぼ合格が可能となっています。 試験問題は7〜8割が過去問の焼き直し。しかし、試験範囲は膨大です。ですので宅建試験に効率よく合格するには、学習範囲の「絞り込み」が合格のポイントとなります。

ユーキャンのテキストは徹底的に試験問題を分析し、合格に必要なことに絞って編集されています。その結果、基礎テキストは3冊だけの構成で、短期合格を目指すことができます。