本文へスキップ

東京アカデミー 生講義

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

 

東京アカデミーの教員採用試験対策:気になる口コミ・評判

東京アカデミーの教員採用試験対策講座:口コミ・評判

教員採用試験

東京アカデミーは、生講義(教室で担当講師の生の講義を受ける形式)で、教員採用試験や公務員採用試験に強いので有名な予備校ですね。

でも、東京アカデミーの教員採用試験の対策講座は自分にとってどうかな?東京アカデミーで合格できるかな?と思っている方もいるかもしれません。

このページは、東京アカデミーの教員試験対策講座を受講しようと思っている人や、申し込み前の最終確認をしたい人、最後の一押しがほしいという方の参考になるように、合格者の口コミ・体験を集めてみました。

また、全国の各校舎のホームページには、たくさんの合格体験記が記載されていますので、その記事を開く手順について説明してあります。

※よく読まれているページ >> 「東京アカデミーの教員採用試験対策

東京アカデミーで教員採用試験に合格!口コミを集めました

東京アカデミーは公務員試験対策の予備校として知名度はたいへん高く、評判も上々ですね。

そんな東京アカデミーを受講して教員採用試験に合格した修了生の口コミや体験をご紹介します。

6年間勤めた会社を退職し、教員への道に挑戦した永岡さんの体験

合格自治体:東京都 中高社会(地歴) 出身校:中央大学

<一念発起の再受験>
私は新卒から6年間勤めた会社を退職し、教員への道に挑戦しました。一度目の受験は社会人特例を独学で勉強しましたが、一次で不合格でした。
教員採用試験を甘くみていたことを痛感しました。
2度目の受験は、一般受験に切り替え、合格するためのことは全てやろうと覚悟を決め、2014年9月に東京アカデミーに入会しました。
最大限利用できる全日スタンダードに申し込み、出席可能な授業は全て出席しました。授業の無い日は自習室で自習していました。年内までは教職教養を集中的にやり、年明けから専門を取り組みました。4月からは教育の現場を知るために非常勤講師として勤め始めました。
このように段階を踏みながら、目の前の課題に対して全力を尽くすことで合格に近づけたと感じています。しかし、何よりも忘れてならないのがここまで支援してくれた東アカの講師や事務の方々、共に努力してきた仲間、そして家族の存在があったからこそ合格できたと思います。感謝の気持ちと決意を忘れず努力し続ければ、必ず結果につながると思います。

民間企業に勤め、通信制の大学に通いながら教員採用試験に挑戦した釜島さんの体験

合格自治体:東京都 中高国語 出身校:学習院大学

<諦めない気持ち>
 教員採用試験で一番大切なことは「諦めない」ことだと思います。
民間企業に勤め、通信制の大学に通いながらの教員採用試験でしたが、最後まで諦めないで良かったと心から思います。
初めて試験に取り掛かろうとしたのが年明けの1月でした。しかし、何から手をつけていいのかわからず、勉強は進みませんでした。
自分の気持ちを切り替えようと思い、2月下旬に入校したのがアカデミーです。
私がアカデミーに入って良かったと何より感じるのは、真剣に教員採用試験と向き合えた点です。先生方の熱心な指導、周りの仲間の頑張る姿、豊富な資料、そういった環境で勉強することで、「先生になる」という気持ちを高めていくことができました。そして、その気持ちを忘れずに最後まで勉強に励みました。
時間に余裕がなくても自分の工夫次第で勉強はできます。諦めない気持ちが大切です。アカデミーで学んだことを生かし、先生として活躍できるよう日々精進していきます。

教員になるという夢を叶えるため、4月から全日クラスに入会した谷口さんの体験

合格自治体:東京都 中高家庭科 出身校:東京家政大学

<仲間との出会い>
 私は教員になるという夢を叶えるため、4月から全日クラスに入会しました。
勉強はゼロからのスタートで試験に間に合うか凄く不安でしたが、講義は丁寧でとても分かり易いものでしたし、自治体別の対策ではポイントを押さえた効率のよい勉強ができました。
分からないことがあればすぐ質問に行ける、そして不安や悩みも話せる素晴らしい先生方がいてくれることはとても心強かったです。
中でも東アカに入って一番良かったことは、同じ夢を持った仲間に出会えたことです。受験は自分との戦いです。勉強中は心が折れそうになることもありました。でも仲間と支え合い、励まし合うことで最後まで頑張れました。きっとこの出会いがなければやり切ることは出来なかったと思います。
また、多くの仲間と面接や討論の練習が出来たことは試験への大きな自信にもなりました。私が一度で合格できたのは、先生方や職員の方々、そして仲間達のおかげです。本当にありがとうございました。

小学校で臨時教員歴を5年努め、今年は必ず合格したいと思って東京アカデミーに入学した林さんの体験

合格自治体:東京都 小学校 出身校:日本福祉大学

<合格の秘訣は論作文と集団討論>
 小学校での臨時教員歴も5年目、今年は必ず合格したいと思って、東京アカデミーに入学しました。4月に入っていてすでに二回講義が終わっていましたが、思いきってはじめてみました。当初、週に二回講義があって大変だと思いましたが、大体は週一回ほどですので一回も休まずに参加しました。
教授陣は、講義内容は充実していますし、語り口も個性があり大変楽しく受講できました。テキストの内容も整理されており、自分で学ぶ時にとても役立ちました。私にとって過去3回の受験で、一次試験の論文が合格できず、論作文講義は合格へつながる中味のあるものでした。どのように書くことを求められているのか、傾向が理解できたのです。8回の内、Aが初めてとれた日は本当に嬉しく希望が持てました。また二次での集団討論ではアカデミーでの練習あればこそ合格ができたと感謝で一杯です。一人で学ぶより、ぜひアカデミーで学んで合格を!!

独学時代の弱点をプロの勉強法で克服

E.S さん 合格先:宮城県・仙台市/高等学校・国語

私は今回で4回目の受験でした。これまでは全て1次試験で不合格。これではいつまでも合格できないと危機感を感じ、昨年不合格だった際、東京アカデミーでの受講を決めました。 いざ授業を受け始めると、今まで自己流で勉強していたので、曖昧だったところが本当にわかりやすく詳しく説明されるため、きちんと頭に入ってきました。自己流でやっていたら絶対に気づかないことや、知らなかったことがたくさんあり、本当に入会して良かったと思っています。 また、東京アカデミーには同じ志を持つ人たちが集まるので、支え合い励まし合えたことも心強かったです。東京アカデミーに入会したことは私の人生を変えました。先生方、スタッフの方、そして友人たちに本当に感謝しています。ありがとうございました。

チャレンジすること、あきらめないことを学んだ。

R.T さん 合格先:北海道/養護教諭

5度目の挑戦で合格できました。学生の頃から勉強が苦手で不安があり、教員になるためにもしっかり学びたいと思い、東京アカデミーに入会しました。自分のできなさを痛感し落ち込むこともありましたが、「できないのではなく、やったかどうかだ」という先生の言葉に最後まで諦めずに取り組めました。また、人物対策では、アドバイスや励ましをいただきながら練習を重ねることで、少しずつ自信がつき、本番では落ち着いて臨むことができました。 試験対策だけではない、多くの学びと発見のある講義が楽しみで、仕事をしながらでも通い続けることができました。教員として大切なことを学ばせていただき、自分自身も成長できたと思います。ひとりの力では決してここまで来ることはできず、お世話になった先生・スタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

以上の合格体験は、東京アカデミーのホームページから抜粋したものです。

自己流の勉強から、対策範囲を絞った効率的な勉強方法へ、これが短期合格のポイントとなります。そして、あきらめない気持ちのある方が合格しています。

東京アカデミーのホームページは、実は、全国の各校舎の記事がかなり充実しています。

ですので、自分が目指す教職の自治体が決まっている方は、該当する各校舎のホームページを見ると、かなり具体的な情報が見つかります。

各校舎のホームページで口コミ体験記を見るには、東京アカデミーのトップページの上部に掲載されているメニューから「お近くの校舎をさがす」をクリックして開き、「学校一覧」の中から希望の校舎をさがし、その中の「合格者の声」を開くと、各自治体での合格者の声がたくさん掲載されています。

このような合格者の声を読むと、何度も教員採用試験に挑戦した人の体験記が多いことに気づきます。

そして、最終的に、東京アカデミーに入講して合格したという方が多くいます。

もし、最初から東京アカデミーで受講していれば、もっと短期間で合格できたことでしょう!

そんなことを思えば、迷うことなく東京アカデミーに入講する選択をするのも得策かもしれません。

こちらのページに東京アカデミーの教員採用試験の対策講座についてまとめてあります。ご参考にしてください。

>>東京アカデミー 教員採用試験対策講座のまとめページ

東京アカデミーの教員採用試験 全国公開模擬試験のご案内

東京アカデミーの教員採用試験対策模試は、2018年度には全国でのべ人数32,724人が受験した全国公開模試となっています。

東京アカデミーの教員採用試験 公開模試

東京アカデミーの教員採用試験の公開模試を受けることで、次のような対策を立てることが可能になります。

1)東京アカデミーの教員採用試験対策模試では、法改正や最新時事などの出題傾向をおさえた的中問題が続出しています!!

東京アカデミーの教員採用試験対策模試は、新学習指導要領や各種法改正、さらには最新の教育時事の話題にもいち早く対応しています。このため、教員採用試験の出題傾向を把握することができ、自身の学力レベルや学習状況、模試受験後の学習の指針を確認することができます。

東京アカデミーの模試は、教員採用試験の問題分析に基づいて作成された多くの予想問題の中から、今後出題される可能性の高い論点や最新の時事を整理、厳選して、模試が作成されています。このため、模試を受験すれば、今後の教員採用試験の出題傾向や論点を把握することができるようになります。

2)教員採用試験の時間配分を確認し、自身のベストな時間配分がわかります。

実際の教員採用試験では、時間が足りなかった、という感想を持つ受験生が多くいます。しかし、本番において、必ずしも最初から順番に解答する必要はありませんし、自分自身が一番点数をとれる順番や時間配分があるはずです。その点を何度かの模試を受験ることにより確認することができます。それによって、本番までには自分自身のベストな時間配分がわかるようになります。

3)教員採用試験の公開模試を受けることで、現在の学習レベルや弱点が分かり、無駄のない学習方針を立てることができます。

模試受験生には、試験後に、個人の解答内容を分析した個人成績表が提供されます。これにより、自分自身のレベルや弱点が知ることができ、効果的な学習計画を立てることができます。

模試の受験後に提供される東京アカデミーの個人成績表は、合格可能性判定から設問別成績まで詳細なデータとなっています。

  • なお、教養試験のみ、または専門試験のみの受験の方は、受験科目の成績のみの表示となります。(この場合、志望先別成績および合格可能性判定は表示されないため、注意が必要です)
  • また、論作文試験のみ受験の方は、添削と総合評価(A~Eの5段階)のみとなり、個人成績表には反映されません。
  • なお、東京アカデミーでは、各地域に対応した自治体別模試も実施しています。

※他にも、公開模試を受けることで、試験会場の雰囲気、多くのライバルの存在、本番の臨場感を体験することができ、本試験に向けた万全の準備が可能になります。

この機会に、東京アカデミーの教員採用試験の全国公開模試にチェレンジしてみましょう!

本サイトでは、東京アカデミーの教員採用試験の全国公開模試に関する詳細をまとめてあります。
>> 東京アカデミーの教員採用試験公開模試に関する詳細ページ


参考 >> 東京アカデミーの通信講座 教員採用試験

参考 >> 東京アカデミーの教員採用試験講座 学費


  • はてなブックマークに追加