本文へスキップ

東京アカデミーの受講料全額無料制度

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

東京アカデミーの受講料全額無料制度について

東京アカデミーの受講料全額無料制度(教育保証制度)

この制度は、東京アカデミーの全日制受講生が、出席率90%以上の場合に、受講期間内の公務員試験に最終合格できなかった場合の制度です。

その場合、次のコースを受講料全額免除で受講することができます。

この受講料全額無料制度(教育保証制度)の適用条件は、出席率90%以上であることと、受講期間内の公務員試験に最終合格できなかったことです。したがって、90%以上の出席率で不合格の場合に適用されるのですから、まじめに出席する必要があります。

東京アカデミーでは、 「このような制度を実施できるのには「公務員試験に必ず合格してほしい」という当社の方針のもと、カリキュラムにも自信があるからです!」 と言っていますが、一発で受かるに越したことはないし、正直、この制度が不要であることを祈って頑張るのみです。

でも、万が一(不慮の事故等で合格できなかったという場合あるし)、再チャレンジが必要になったときに助かる制度ですね。

※なお、出席率90%以上という条件は、天災等による欠席や、忌引き・インフルエンザ・災害・事故等による交通機関のマヒ等の場合に、免除されるようですから、上記の事情がない限り、全日程を出席する必要があります。


【関連記事】

【学費の分割】学費の支払い方法に、ローンや分割は可能ですか?

東京アカデミーの「よくある質問」から、学費の支払い方法(支払い時期)と教育ローンについて。

Q:入会希望なのですが、支払い方法はどのようにしたらいいですか?

A:受講料等のお支払いは講座受講前までに一括納入して頂くか、受講期間内での支払い回数を設定しての教育ローン利用も可能です。
なお、教育ローンについては、簡単な説明について抜粋します。
教育ローンとは、個人向けに子供の教育費に限定して貸し付ける制度。銀行、生命保険会社、郵便局、国民金融公庫 (現国民生活金融公庫)、雇用促進事業団 (現雇用・能力開発機構) などで扱っている。使用目的を学校納付金に限っているものと教科書代や下宿代などの関連費用を含めるものとがある。
この教育ローンを利用して、東京アカデミーの学費を分割で支払うことが可能になります。教育ローンは、上記のように、様々な機関で扱っていますので、最寄りの機関にお問い合わせをお願いします。

【教育ローンについて】東京アカデミーの学費の支払いはローンや分割で可能です!

そもそも教育ローンとは・・・

教育ローンとは個人向けの教育費に限定して貸し付ける制度です。この教育ローンの扱い機関は、銀行、生命保険会社、郵便局、国民金融公庫 (現国民生活金融公庫)、雇用促進事業団 (現雇用・能力開発機構) などです。

なお、教育ローンには、使用目的を学校納付金(受講料など)に限っているものと、教科書代や下宿代などの関連費用を含めるものとがあります。

東京アカデミーの教育ローンに関しては、ヤフー知恵袋でも質問が多くあります。下記に集めましたので、ご参考にしてください。

<ヤフー知恵袋から その1>

質問:東京アカデミー公務員講座の教育ローン制度に関する質問です。
受講期間内の月数以内でお支払い頂きますとのことなんですが、受講期間とは講義が終わるまでの期間になるのでしょうか?

回答:先日、教育ローンを利用して申込みましたが、受講期間は講義が終わるまでの期間でした。

<ヤフー知恵袋から その2>

質問:東京アカデミーに行きたいと考えているんですが、まとまったお金がなく教育ローンを利用できたらなと考えています。正社員ではなく、アルバイトやパートでは教育ローンは利用できないんでしょうか。教えてください。

回答:教育ローンをやっている金融会社によります。
収入額が基準ですが、低くても正社員で勤続年数がある程度あれば、信用度は増します。
誰にでも貸します!というものには、教育ローンとは名ばかりの金利の高いものあります。
一番安心なのは、「国民生活金融公庫」の「教育ローン」です。いわゆる「国の教育ローン」です。
基本は保護者の申込みですが、場合によって本人もOKです。
最大200万円まで借りられ、金利も良心的ですよ。
収入が低い人向けのローンなので、世帯の収入に上限があります。
年金受給者の保護者でも借りられると聞いたことがあるので、ご家族に相談してみては?卒業後に返済する制度もあったと思います。
<ヤフー知恵袋から その3>

質問:東京アカデミーの通信講座を検討しているのですが、お金ってローンで払えますか?払えたとして、支払い方法などを教えてください。

回答:東京アカデミーで申し込むときに、ローンでの支払い方法を利用しました。教育ローンというシステムで、普通のローンより手数料が安いみたいです。受講が終了するまでの期間内なら、支払い回数が自由に選べました。その回数によって、手数料も変わるみたいです。教育ローンの申込書に記入して、審査の確認がとれれば、支払いは毎月指定した金融機関の口座から引き落としになりました。東京アカデミーの相談会に参加したときに、ローン払いで支払う場合も質問すると詳しく説明してくれましたよ。

<ヤフー知恵袋から その4>

質問:東京アカデミーの通信講座について 公務員試験今年が最後なので通信講座を考えてます。
ただ一括はきついので分割出来たらなと思ってたんですが 通信講座は分割出来るんでしょうか?

回答:東京アカデミーの通信講座を受けて合格できました。
学費は教育ローンという分割払いを利用しました。一般のローンより金利が安くて手続きもすぐにできました。ただ、専用の申込み用紙が必要なので、電話で聞けば、詳しく説明してくれますし、資料も無料ですぐに送ってくれましたよ。別に恥ずかしくないので、直接、問い合わせるといいです。

教育ローンについて(学費の分割は可能ですか?)

教育ローンで一番お得なのは、「国の教育ローン」です。

学費を金融機関などから借りる場合、一番お得な借入先は、「国の教育ローン」です。もちろん、銀行などでも教育ローンは行っていますが、まずは民間の教育ローンを検討する前に、国の教育ローンを検討してみましょう。
なお、連帯保証人を選定できない場合、実質的な金利は若干高くなります。 保証人がいない場合は、(財)教育資金融資保証基金という公的な保証機関を利用する事になります。

国の教育ローンの種類

参考 >> 国の教育ローンについて(日本政策金融公庫)

国の教育ローンについてまとめると・・・

  • 教育一般貸付 元金据置期間があり、返済期間は15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)。
  • 融資額は学生・生徒1人につき300万円以内。
  • 郵貯貸付 融資額は学生・生徒1人につき200万円以内(※教育積立郵便貯金の現在高の範囲内)。
  • 注意点として、教育積立郵便貯金の新規預入は平成19年9月末で終了しているという点です。
  • 年金教育貸付 年金教育貸付のご利用にあたっては、独立行政法人福祉医療機構による申込の斡旋が必要です。
  • しかし現在、同機構は申込斡旋業務を休止しており事実上融資の申し込みは停止状態です。

東京アカデミーで扱っている教育ローン制度について

東京アカデミーに入学する学費が心配な場合、教育ローンの利用が可能です。

以下、東京アカデミーのPDFからの抜粋です。

当社講座受講料のお支払いに教育ローンのご利用をされる場合は、以下の手順となりますのでご案内いたします。教育ローンのご利用をお考えの場合には、事前に必ずご確認ください。
@受講申込書ご記入時に納入方法欄の「教育ローン」に○をつけてご提出ください。
A受講を希望する校へ「受講申込書」のご提出ならびに「入会金」のご納入をお願いいたします。
B当社より、教育ローンお申込書のご記入、お支払い回数、分割払い手数料等についてご案内を差し上げますので、お申込書に必要事項をご記入・ご捺印の上、当社窓口へご提出ください。
Cお申込書の内容確認、取扱信販会社でのご融資審査、ご本人様への確認を経た後、教育ローン契約が締結となります。

以下、お申込みに当たっての注意事項

@教育ローンは、当社提携の民間信販会社との契約となります。
A教育ローンのお申込みには、受講を希望する校への受講申込書のご提出ならびに入会金または同額以上の金額をお申込金として最初にご納入していただく必要がございます。再受講など入会金が免除となる場合は、入会金と同額以上の受講料をお申込金としてご納入ください。
B教育ローンは受講料総額が30,000円以上の講座のみご利用頂けます。
受講料が30,000円未満の講座は、全て対象外となりますのでご了承下さい。
Cご利用回数は、お申込み頂く講座の受講期間内でお支払いが完済する回数までの範囲でのご利用となります。それ以上の長期間でのお支払いは一切受付いたしかねます。
Dご利用回数と金額に応じて、取扱信販会社規定の分割払い手数料をご負担いただきます。
E教材費につきましては、原則として別途ご持参またはお振込にてご納入ください。
F教育ローンのお申込者の条件は、20歳以上かつ勤続1年以上の方となります。受講される方が20歳未満または勤続1年未満の場合は、前記条件を満たす保護者あるいはご家族の方をお申込者としてください。
Gお申込者様の状況によっては、取扱信販会社での審査の結果、教育ローン契約締結を見合わせていただく場合がございます 。
その場合には、申し訳ございませんが速やかに他の方法により受講料残金の一括でのご納入をお願いいたします。
H通信講座の場合は、教育ローン契約完了(お申込用紙のご提出、信販会社の審査が終了し契約が締結された時点)後に教材を発送いたしますので予めご了承ください。
お申込講座によっては、国の教育ローン(日本政策金融公庫)をご利用いただける場合もございます。
その場合の申請手続きなどは、すべてご本人様が行うことになります。詳しくは受講申込校へお問い合わせください。

参考>>東京アカデミーの学費について