本文へスキップ

ECCのFP講座 費用59,800円 合格率が全国平均の2倍

あなたが資格を取るための予備校・専門学校

ECCのFP通信講座 格安の費用59,800円なのに、合格率が全国平均の2倍

ECCビジネススクール FP講座で、FP検定に合格!

FP技能検定に合格したいが、仕事が忙しくて教室に通う時間がない!
学費に、あまり費用をかけたくない!

安価な費用で、短期合格したい!どうすればよいでしょうか?

そのための選択肢として、現在では、通信講座を選ぶのが最も賢明な方法となります。

ECCのFP講座は、受講費用59,800円で全国平均2倍の合格率ですから、FP技能検定の合格を目指している方には、ぜひおすすめの通信講座となります。

その理由を、このページでお確かめください!

ECCビジネススクール FP講座

まず、FP試験の試験日程等について知っておきましょう

平成30年度FP試験の日程、受験申請、合格発表等について

1級ファイナンシャル・プランニング技能検定

実技試験(資産設計提案業務)
試験日 受験申請期間 合格発表日
平成30年9月9日(日) 7/13(金)~8/3(金) 11月6日(火)

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定

学科及び実技試験(資産設計提案業務)
  試験日 受験申請期間 合格発表日
第1回 平成30年5月27日(日) 3/16(金)~4/6(金) 6月29日(金)
第2回 平成30年9月9日(日) 7/4(水)~7/25(水) 10月22日(月)
第3回 平成31年1月27日(日) 11/12(月)~12/3(月) 3月7日(木)

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定

学科及び実技試験(資産設計提案業務)
  試験日 受験申請期間 合格発表日
第1回 平成30年5月27日(日) 3/16(金)~4/6(金) 6月29日(金)
第2回 平成30年9月9日(日) 7/4(水)~7/25(水) 10月22日(月)
第3回 平成31年1月27日(日) 11/12(月)~12/3(月) 3月7日(木)
試験会場について
  • 試験会場は全国47都道府県にあります。受験地は、受験申請時に選択できます。
  • また、希望の受験地は受験者の居住地に関係なく選択ができます。
  • ただし、試験会場は選択することができません。

受験地区および試験会場は、FP協会のホームページに詳細に記載されています。

※ 受験地区および試験会場について >> ttps://www.jafp.or.jp/exam/district_list/

また、試験会場は受験票に記載されていますので、受験票が届いたら確認しましょう。なお、試験会場が決まった後に変更したい場合、期日までに申請を行うことで変更ができます。

2級FP技能検定を受験するための受験資格とは?

  • 2級FP技能検定は誰でも受験できる試験ではありません。
  • 試験申込の時点で、以下の受験資格が必要です。
  • その受験資格とは、次のいずれかが必要です。
  • 【1】 AFP認定研修の修了
  • 【2】 3級FP技能検定の合格
  • 【3】 FP実務経験2年以上

ところで、ECCのFP通信講座はAFP認定研修となっています。このため、講座を修了すれば、AFP認定研修の修了となり、2級の受験資格が得られます。

ECCビジネススクールのFP講座は、全国平均2倍の合格率

総合教育・生涯教育機関「ECC」では、FP講座を開設。合格実績は全国平均の2倍となっています! しかも、他校より高品質の講座を他校よりも安く提供しています。

※ECCと聞けば、英会話をイメージする人が多いかもしれません。実は、ECCはコンピュータ専門学校、アーティスト専門学校など近畿圏を中心に、大学受験予備校や個別指導塾、人材派遣業務などを幅広く展開する総合教育機関です。

過去4年間で、合格実績1万人の実績は、すごいですね!!

ファイナンシャルプランナーを目指す幅広い層から支持を受けているECCのFP講座は、業界で最安値の学費! 高い合格率を達成しています!

詳細は >>【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ECCビジネススクール FP通信講座の概要

ECC FP通信講座の受講料

  • ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)コース
    価格:59,800円
  • ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)講座+試験直前対策講座+予想模試コース 価格:69,800円

ECC FP通信講座の合格率

合格率は、「平均2倍の合格率」と発表されています。

ECC FP通信講座の特徴

  • ・講座解説動画は、67時間。
  • ・メールやFAXで質問するだけでなく、営業時間内であれば、電話でいつでも質問することができ、専任のサポートスタッフが答えてくれます。
    しかも、質問の回数に制限はありません。
  • ・英会話で有名なECCですが、ファイナンシャルプランナーの通信講座も人気の講座となっています。
  • ・今なら3級講座も無料で受講できます。

ECCのFP通信講座 ここがすごい!

  • 特に、ECC FP通信講座の質問回数制限なしで、質問に答えてくれるサービスは注目すべき点です。
  • FPの試験範囲は非常に幅広いので、学習を続けていると途中で分かりづらいところや、難しいと感じる内容に出くわすことがあります。
    そんな時、メールやFAXで質問するだけでなく、直接電話で質問できるかできないかは学習者にとって、とても大切なことです。
  • ECCビジネススクールでは営業時間内であれば電話でいつでも質問することができます。しかも、質問の回数に制限はありません。このサービスは、他の通信講座にない メリットです。

ECCのFP通信講座の特徴をまとめると・・・

費用が安い!講義教材が付いて5万円台の安さ

ECCのFP講座の最大の特長は、何といっても講座費用の安さにあります。
「AFP+2級FP技能士」講座は、税込¥59,800円という低価格を実現しています。

一般の資格スクールの通学講座が10万円~15万円程度するのと比べると、圧倒的な割安感です。

なぜ安い? 講座料金が安い理由は?

講座料金が安い理由については公式ページに詳しく書かれていました。抜粋します。

ご存知のとおりECCの収益の中心は語学教育事業(英会話)になります。
ここだけの話、弊社FP講座の売上や利益は経営的な影響がないので儲けを度外視出来るのです。その結果、無駄な経費やコストを極限までカットし圧倒的な安さの講座提供が実現可能となったのです。
競合他社の多くは資格系の通信講座や通学講座自体が事業収益の中心なので講座事業で儲けなければならない為、その分講座の料金を高くしています。

また、安いと内容は大丈夫ですかという心配が出るかもしれませんが、ECCの講座は、通信教育でも全62時間のカリキュラムDVD・Web講義教材付きとなっているため、内容のほうも充実していると言えます。

ECCのFP通信講座の受講方法は?

ECCのFP通信講座の受講方法は、
自宅にインターネット環境がなくても受講できますか?
当講座はテキストとDVDにて学習していただけます。ただし、DVDを持たずに外出先で動画視聴していただく場合には、インターネット環境が必要です。

3級レベルから学習できるので初学者でも安心

ECCのAFP+2級FP技能士講座には、3級の教材が無料でセットになっています。

テキストや講義は3級と2級とに分かれています。まず、3級の基礎的な範囲から勉強をして全体をつかみ、2級の内容にスムーズに入っていくという学習の流れになっています。ですので、FPを始めて学ぶ初学者の方でも、基本から無理なく学習することができます。

<メモ>このように、ECCの教材は、FP3級の内容からスタートしますが、3級資格の試験を受けなくても、日本FP協会のAFP認定研修講座のため、添削問題と提案書の提出で、2級の受験資格が得られます。AFP認定研修講座ではない場合、2級の受験資格を得るには3級を受験し合格する必要があります。

バランスの取れたカリキュラム

ECCのFP講座は、テキスト、講義教材(DVD・Web)のほか、過去問題(全4回)、 確認テスト(添削問題)などが含まれていて、FP2級レベルに必要となるインプット、 アウトプット学習をもれなくカバーしたカリキュラムになっております。

もちろんAFP認定に必要な提案書作成も含まれているため、3級を受けずに、最初から2級受験も可能です。

Web講座が無料で付いてくる

ECCのFP講座では、DVDと同じ内容のWeb講義が無料で付いてきます。そのため、Web講義を利用すれば、自宅ではDVDで学習し、続きを外出先や通勤通学中にスマホで見たり、復習したり、といったスキマ時間の活用ができます。

さらに、通信教育としては異例ですが、ECCではメールのほかに電話でも質問ができるため、受講者サポートもかなり充実しています。

ECCが電話で質問を受け付ける理由は、とても大切です。公式サイトから抜粋します。

FPの試験範囲は非常に幅広いので、学習を続けていると途中で分かりづらいところや、難しいと感じる内容に出くわすことがあります。はじめは自力で色々調べてみるもののやっぱりわからない…。
そんな時、メールやFAXで質問するだけでなく、直接電話で質問できるかできないかは学習者にとって、とても大切なことだと思います。
これは実際にご自身がそういう状況に陥った時に痛感することです。
ECCビジネススクールでは営業時間内であればお電話でいつでも質問することができます。専任のサポートスタッフが丁寧にあなたの疑問にお答えいたします。もちろん質問の回数に制限はございません。

28年の実績と合格まで導くチューター制度などサポート体制では他校に勝るものがあり、初心者はもちろんファイナンシャルプランナーを目指す幅広い層から支持を受けているFP講座です。

ECCビジネススクールでは電話で質問することも可能

電話で質問できるシステムは、通信講座ではまず期待できないサービスです!

特に、ECCのFP通信講座の質問回数制限なしで、質問に答えてくれるサービスは注目すべき点です。FPの試験範囲は非常に幅広いので、学習を続けていると途中で分かりづらいところや、難しいと感じる内容に出会うことがあります。

そんな時、メールやFAXで質問するだけでなく、直接電話で質問できるかできないかは学習者にとって、とても大切なことです。

ECCビジネススクールでは、営業時間内であれば、電話でいつでも質問することができます。しかも、質問の回数に制限はありません。このサービスは、他の通信講座にない メリットです。

詳細はこちらの公式ページへ >>
【ECC】低料金で修了認定が可能です!今ならFP3級講座が無料!

ECC FP講座


【関連記事】

<目次>

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格認定について

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があります。

そして、それぞれの等級には学科試験と実技試験があり、学科と実技試験に合格することによって、等級ごとに、1級FP技能士、2級FP技能士、3級FP技能士としての資格を得ることができます。

また、FPの試験は、3級→2級→1級と段階的に受ける必要はありません。3級FP技能検定を受けなくても、いきなり、2級FP技能検定、又は1級FP技能検定を受験することが可能です。

なお、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格認定は、複雑になっています。

FP検定を行う機関には、日本FP協会と金財の2つがありますが、日本FP協会の2級FP技能士検定は、国家試験の検定でもあり、AFP資格審査の試験でもあります。

そのため、AFPを取得するよう認定研修を修了した上で、2級FP技能検定に合格すると、国家資格と民間資格AFPを同時に取得することができます。

従って、おすすめは、日本FP協会のFP技能検定です。

出題形式・合格基準

3級FP技能検定・2級FP技能検定の出題形式・合格基準は下記のとおりです。

等級 試験種類 出題形式 問題数 制限時間 合格基準
3級 学科 筆記(マークシート形式) 60問 120分 36点以上(60点満点)
実技 筆記(マークシート形式) 20問 60分 60点以上(100点満点)
2級 学科 筆記(マークシート形式) 60問 120分 36点以上(60点満点)

人気のFP通信講座として、ECCの他にフォーサイト・クレアールもあります

フォーサイト FP通信講座

<受講料>
  • CDコース 価格:58,500円
  • DVDコース 価格:61,00円
  • CD+DVDコース 価格:68,800円
<合格率>
  • フォーサイトの受講生の合格率:89.26%
  • 全国平均合格率は、36.07%ですから、フォーサイトは、全国平均の2.47倍の合格率となります。
<FP通信講座の特徴>
  • どこでも、いつでも学習することが可能な、CDやDVDを利用したeラーニングで効率的に勉強ができます。
  • 初学者の方でも、分かりやすく勉強ができるフルカラーテキストや、単語カードが人気です。

※ 詳細はこちらにまとめました >> フォーサイトのFP通信講座


クレアール FP通信講座 

<受講料>

価格 107,000円

<合格率>

ネットで探した限り、合格率は特に発表されていないようです。

<FP通信講座の特徴>
  • DVDが11枚。
  • クレアールの特徴である「非常識学習法」で短期に合格を目指すことができます。
  • 受講生同士の専用SNSなどもあります。

※ 詳細はこちらの公式ページへ >>クレアールのFP通信講座


まとめ

FPの通信講座は、約5万円台から約10万円となっています。これを通学講座と比較すると、通信講座は通学講座のほぼ2分の1から3分の1の費用となるわけです。

一方、通信機器の発達に伴って、通信講座は、自宅や電車等の移動場所において、まるで教室で講義を受けているかのような授業が受けられるまでになっています。

また、フォローの面でも、発達した通信機器は、受講生とかなり身近な存在でサポートができるまでに変わってきています。

このようなことを考慮すると、通信講座は、今後の予備校の主流を占めていくものと思われます。

あとは、数ある通信講座の中から、自分の環境にあったものをいかにして選ぶか、という時代に入っているのではないでしょうか。

ですので、特に、通学講座に通えない忙しい立場の社会人の方たちは、通学講座にこだわることなく、積極的に通信講座に切り替えて、予備校選びをされたらどうかと思います。


ECCと言えば英会話で有名なのに、なぜFP講座?評判は良いの?