本文へスキップ

ECCのFP2級講座 FP協会のFP技能検定に最強

ECC・FP2級講座は安価です。DVD講座のほかに、無料のWeb講座もつきます!

ECCのFP2級講座は、FP協会のFP技能検定に最安で最強!

ECCのFP2級講座は、FP協会のFP技能検定に最安・最強!

ファイナンシャルプランナー資格試験の試験実施団体には、「日本FP協会」と「金財(金融財政事情研究会)」の2つがあり、FP資格は、どちらの試験でも同様に受験をし、取得することができます。

ECC FP講座

ところで、「日本FP協会」と「金財」の試験の違いは、実技試験の問題が異なっている点にあります。

では、どちらの試験を受験するのが良いかというと、日本FP協会のFP試験がおすすめとなります。

 その理由は?

  • 両者の資格は、基本的には同じ国家資格であること
  • 日本FP協会の実技試験の方が易しい(解きやすい)こと
  • 日本FP協会のFP試験のほうが発展性や将来性の面で有利であること

このような理由から、ECCのFP講座もまた、日本FP協会の試験に対応した講義内容となっています。

従って、ECCのFP講座の受講生は、日本FP協会の2級FP技能検定を受験することがおすすめです・・・これは当然ですね。

2級FP技能検定の概要

2級FP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法 第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、日本FP協会が実施する国家検定です。

  • ■ 試験実施時期:年3回(1月・5月・9月)
  • ■ 最新の合格率:学科試験41.4%、実技試験46.8%(H29年5月試験・日本FP協会での合格率)
  • ■ 問題の難易度:合格基準は6割(60点)ということからも比較的合格を狙いやすい国家検定といえます。
  • ■ 受検資格:ECCの講座はAFP認定研修です。作成した提案書がパスし、講座を修了すれば2級受検資格を得たことになります。(他にも、2級FP技能試験の受検資格は、AFP認定研修修了の他に3級合格、FP実務経験2年以上があります。)
  • ■ 2級FP技能試験の受験手数料:学科試験が4,200円、実技試験が4,500円、合わせて8,700円です。(これは、2018年度技能検定の受験手数料です。年度によって変わるかもしれません)
  • ■試験の詳細は>> NPO法人日本FP協会の公式サイトへ↓

ECCのFP講座を受けるのに、知っておきたいことは?

ECCのFP2級講座は、日本FP協会が実施するFP技能検定に対応しています。

2級FP技能検定は、「日本FP協会」と「きんざい(金融財政事情研究会)」の2団体が実施しています。これらの試験の学科試験は共通ですが、実技試験の内容が異なっています。

ECCのFP講座の教材は、日本FP協会が実施する「資産設計提案業務」に対応しています。過去問題も日本FP協会が実施した2級技能検定分に基づいたものとなっています。また、ECCのFP講座から、送られてくる試験要綱も日本FP協会で実施するFP技能検定に関するものです。

初めてFPを勉強するのですが、いきなり2級を勉強しても理解できますか?

ECCのFP2級講座は、初めてFPを学習する方にも基本から学習できるように、3級の教材が付けられています。ですので、基本から勉強したい方なら、3級の教材を場合無理なく勉強を進めることができます。

また、DVD講座と同じ内容をスマホ等で学習できる2級Web講座の他に3級Web講座も無料で提供されますので、隙間時間を利用して3級FPから学習を進めることも可能です。

日本FP協会認定講座と認定以外の講座について

ECCの2級FPコースにはAFP認定研修が含まれているので、3級を飛ばして2級から受検することができます。

認定講座の場合、受講し課題を提出し、修了することで、(FP受検資格がなく、3級FP技能検定を合格していなくても)2級FP技能検定を受検することが可能です。

自宅にインターネット環境がなくても受講できますか?

ECCの2級FP講座はテキストとDVD、さらにスマホ等を利用して学習することできます。このため、DVDを持たずに、外出先で動画を視聴するには、スマホ等のインターネット環境が必要です。

DVD講義を視聴するのに必要な時間は?

ECC・2級FP講座のDVD講義は、3級と2級の合計で67時間となっています。
かなり長い時間のようですが、学習する課目は全部で8課目、範囲も広いため、課目ごとのポイントをおさえながら2級合格を目指すためには、67時間の受講が必要となります。

なお、仮に、全講座をコンパクトにまとめ、全10時間とした場合、1課目あたりの時間数はわずか1~2時間となります。しかし、その程度の勉強時間では全部の出題範囲をカバーすることができません。

従って、すべてのDVD講義を受ける時間のない方は、通勤電車や隙間時間を利用して、スマホ等を利用したWeb講座を視聴する等、工夫をして勉強を進める必要があります。

WEB講座とDVD講座の違いはありますか?

WEB講座の内容は、DVD講座の収録内容と同じです。WEB講座は、外出時のスキマ時間にスマートフォン等で学習できるようにしたものです。

ECC・2級FP講座は、教育訓練給付制度の対象講座ですか?

ECCの2級FP講座は、厚生労働省から一般教育訓練給付制度の指定を受けています。教育訓練期間は3ヵ月間です。給付金制度を利用される場合は、期限内に添削問題の提出が必要です。

ECC・2級FP講座の受講費用に関する支払い方法は?

現金もしくはクレジットカードで支払うことになっています。クレジットカードでお支払いの場合は、宅配員がカード決済端末を持ってお伺いすることになっています。

受講費用を分割払いで支払うことは、可能ですか?

クレジットカードで支払う場合、お客様とカード会社との契約内容によりますが、分割で支払うことも可能です。現金(代引き)で支払う場合は、一括払いのみです。

ECC・2級FP講座の教材はいつ送られてきますか?

受講の申込みを確認した後、3営業日内に発送することになっています。
また、教材は一括で届けられますが、過去問題の一部は、最新のものが後日送られてきます。

ECC・2級FP講座の学習期間はどのくらいですか?

標準学習期間は3ヵ月程度で、最長は1年間です。なお、一般教育訓練給付制度を利用する場合、教育訓練期間は3ヵ月となっているため、標準学習期間の3カ月以内に終了する必要がります。

FPの「提案書」に関して

『提案書』とはどのようなものですか?

「提案書」とは、お客様にファイナンシャルプランナーが提出するレポートのことです。 レポートと言っても練習ですので、テキストに記載されているモデルプランを真似て作成することで容易に作成できます。

提案書作成は難しいのでは?

ECC・FP講座では、提案書のモデルプランを用意しています。これを参考にすることで無理なく作成することができます。ただし、提案書の用紙等は自身で用意する必要があります。提案書は、A4サイズのコピー用紙などの他、B5サイズやルーズリーフの利用も可能です。また、作成方法として、パソコン・手書きのどちらでもできます。

提案書・添削問題が不合格の場合、どうすれば良いのでしょうか?

60点未満で不合格の場合、追加や修正をして再提出することができます。受講期間(1年)であれば、何度でも再提出することができます。その際、電話等で質問をして、自分の作成方法をチェックしてもらうこともできます。

添削問題と提案書の提出期限はいつですか?

基本的には受検の申込み開始日までとなっています。

※ただし、下記のような方は提出日が異なるため、注意が必要です。

【1】一般教育訓練給付制度を利用する方…受講開始日(教材発送日)から3カ月以内に添削問題を提出する必要があります。提案書は受検申込み開始日まで。
【2】2級受験資格を既に持っている方…受講期間(1年以内)に添削問題と提案書を提出する必要があります。

ECCのFP講座コストパフォーマンス 最高!

ECCのFP通信講座は、なぜ講座料金が安いのでしょうか?

ECCが開設しているFP講座では、他校より高品質で、しかも他校よりも安く提供しています!

それに、合格実績は全国平均の2倍で過去4年間で約1万人の合格者ですから、働きながらでも、FP資格の取得が可能になります。

ECCの講座料金が安い理由について、公式サイトに詳しく書かれています。

抜粋すると・・・

ご存知のとおりECCの収益の中心は語学教育事業(英会話)になります。
ここだけの話、弊社FP講座の売上や利益は経営的な影響がないので儲けを度外視出来るのです。その結果、無駄な経費やコストを極限までカットし圧倒的な安さの講座提供が実現可能となったのです。
競合他社の多くは資格系の通信講座や通学講座自体が事業収益の中心なので講座事業で儲けなければならない為、その分講座の料金を高くしています。

受講料は安いが、講義内はたいへん充実しています

また、講座料が安いと、講座の内容は大丈夫ですか?という心配が出るかもしれませんが、ECCのFP講座は、通信教育ながら、全62時間のカリキュラムで、DVD・Web講義教材付きとなっているため、内容のほうも、たいへん充実しています。

テキストが白黒でそっけない?!これって大丈夫ですか?

ECCのテキストは、「サブノート型+過去問」となっています。サブノート型ですかSら、テキストは白黒でそっけない風に見えます。

この点、ECCのコストを安くおさえた理由に関して、「無駄な経費やコストを極限までカットし圧倒的な安さの講座提供が実現可能となったのです」と記載している通りです。

ECCのFP講座に関する受講スタイルについて・・・

DVD・Web講義等の内容に関してはたいへん優れているため、DVD・Web講義で受講しながら、要点や注意点をテキストに書き込む受講スタイルで進めていけば、充実した勉強ができます。

ECCのテキストがフルカラーではない理由について

(公式ページからの要点抜粋)

テキストがフルカラーでカラフルだとか映像の画質が良いとかは論外です。
見た目が綺麗で整理されたテキストは、それだけでわかった気になるので返って注意が必要です。
一番肝心なのは、わかった気になることではなく、しっかりと理解し自分の頭に入れていつでも引き出せるようにすることです。
そういう観点ではECCビジネススクールのFP講座のテキストはモノクロで一見安物くさいですが、実はここにも「ECCのこだわり」があります。
自分で理解し、自分で書き込み、自分にとって重要だと思うところに自分でマーカーやアンダーラインを引かせるように敢えて安物くさいですがモノクロのテキストにしているんです。
理由は単純です。自分にとって覚えなければならない重要箇所は、必ずしもあらかじめ用意されたマーカーが引かれた箇所と同じではないはずだからです。

ECCのFP講座と、有名予備校のFP講座との比較

ECCのFP講座と有名予備校のFP講座とを比べてみました。

講義名 講義回数 講座総額 1講義の料金
ECC AFP+2級FP技能士+3級FP技能士(WEB+DVD)コース 全29回 59,800円~ 2063円
LEC 3・2級FP/AFP対策パック 全42回 153,360円~ 3652円
TAC 3・2級パック 全30回 101,000円(DVDとWEB別、両方を申込むと202,000円) 3367円
大原 3級から学ぶ2級フルセット 全26回 100,500円 3866円

上記の表のように、有名予備校のFP講座と比べると、ECCのFP講座が、料金が安価な割に講座が充実していることが解ります。

なお、LECの講義回数は、上記の中で全42回と最多です。しかし、他校と比べて、講義回数が少ないのでは?と感じるかもしれません。

この点に関して、講義回数が多いと、なにか安心感を得るかもしれません。
しかし、仕事をしながら学習を進める社会人にとってみれば、少ない講義回数ながら充実した講義内容で学習するほうが集中的な学習にとって有利であるといえます。

合格体験記から、「ECCの講座はシンプルでまとまったテキスト、その中でもより要点を絞ったDVD講義」・・・

ECCで2級FP資格を取得した 28歳の女性(大阪府在住)の熊田さんの合格体験記に、次のような感想が述べられています。

FP講座をいろいろ調べた中で、バランスが良かったのがECCの講座でした。
通学は仕事のスケジュールと合わず、独学では教材選びや要点を得るのが難しいことがネックでしたが、ECCの講座はシンプルでまとまったテキスト、その中でもより要点を絞ったDVD講義、法改正レジュメでのタイムリーな情報連携、それでいて良心的でリーズナブルな価格と、非常に満足のいく内容でした。
特に、短期集中型でFPの取得を目指している方、仕事と両立して自分のペースで進めたい方にはオススメな講座だと思います!!
私は職業柄、他の試験とのブッキングがあり、実質3週間弱しか時間がありませんでしたが、限られた時間で取り入れやすく、要領良く学習でき、一発で学科・実技ともに合格することができました。
とても良い講座だと思うので、たくさんの方にご検討いただければと思います。

※ 他の口コミに関してはこちらにまとめてあります>>ECCのFP講座 口コミ

ECCのFP講座 DV担当の荻窪 輝明氏について

ECCのFP講座「受講生全員合格プロジェクト」では、DVD動画を作成するにあたり、講師として最高の人材を探し続け、そして出会ったのが荻窪輝明氏。
そして、67時間にも及ぶ動画の取り直して完成したのがECCのDVD動画です。

DVD担当講師:荻窪 輝明氏の経歴
  • 仰星監査法人マネージャー/日本公認会計士協会近畿会
  • 公認会計士/税理士/証券アナリスト/CFP/1級FP技能士/事業承継アドバイザーの他に、非常に豊富なセミナー講師の担当を行っています。

下記の動画は、ECCの2級FP講座 担当講師の挨拶です↓

それでは、ECCのFP講座、合格率はどうなんでしょうか?

ECCのFP講座:評判についてはこちらに

ECCのFP講座では、合格実績は全国平均の2倍。過去4年間で、合格数1万人の実績という結果となっています。

eccのこだわりは、「脱落率ゼロ」

ECCが、合格率や、分かりやすい講義内容にこだわっているのはもちろんですが、もう一点、特にこだわっていることがあります。

それは「脱落率ゼロ」ということです。

「脱落率ゼロ」は、学習を始めた方がどれだけ途中で学習をあきらめてやめてしまったかを示す指標のことですが、ECCビジネススクールでは「脱落率ゼロ」を究極の目標に置いています。

具体的に言うと、途中で誰ひとりも脱落せず、受講者全員が受検し、受講者全員が合格する!このような「脱落率ゼロ」が、ECCの最大の目標だとなっています。

その目標を実現するために、ECCのFP講座が力を注いでいることは、受講生に対するフォローです。

ECCのフォロー・サポートについて

専任の担当があなたをフォローするという徹底ぶり!

学習を進めていく生じる疑問について、電話やメールで、何度でも質問できます。ベテランの専任講師が、質問にお答えする体制が整っています。

なお、ECCではFP講座の申込み後、教材が届いてからすぐに電話フォローが始まることになっています。講義の進捗状況は勿論のこと、学習が進んでいくと生じる孤独感や学習上の悩み事も含めて、試験合格まで安心して学習できるように、専任の学習サポートスタッフが電話やメールでバックアップしてくれます。

FP専任の荻田講師のメッセージをご紹介します

(公式ページより抜粋)

こんにちは、ECCビジネススクールの荻田です。
「FPの資格をとりたいと考えているのですが、どうすればいいですか?」
「通信で学習するのは初めてで、とても不安です…仕事をしながらでも大丈夫でしょうか?」
このように、受講を検討されるとき、質問や不安は付き物ですよね。
初めてだからこその不安な思いを解消して、安心して学習をスタートしていただけるように、日々みなさまのご質問やお問い合わせに対応させていただいています。
通信講座での学習は孤独を感じる方も多いので、学習者のお一人おひとりが不安なく、高いモティベーションで学習できるよう、ご受講中の方へのお声掛けも大切にしています。教材テキストや過去問での質問もご遠慮なくお知らせください。
ぜひ合格を目指して一緒に頑張りましょう!

ECC FP通信講座の受講料

  • ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)コース 価格:59,800円
  • ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)講座+試験直前対策講座+予想模試コース  価格:69,800円

受講料について:3級の教材とWEB講座がもれなく付いてくる

  • ECCのFP通信講座では、教材の内容に「3級」の教材とWEB教習が無料で利用できるようになります。
  • ECCビジネススクールは3級の認定校ですから「認定講座」を受けることで「2級FP検定」からのスタートとなります。ただし、「3級」の教材も無料で送られてくるため、3級の基礎からの勉強もできます。
  • なお、WEB講習の内容は、DVDの内容と同様です。外出時のスキマ時間にスマートフォン等を利用して、DVDの内容をWEB講座で学習できるという訳です。これは、外で働いている社会人にはありがたいシステムですね。
学習期間(訓練期間) 3ヵ月
修了認定基準 学習期間内において添削問題7回、提出採点結果60点以上
給付額(20%) 11,960円

ECCのFP講座は、厚生労働省より一般教育訓練講座の指定を受けています。雇用保険の被保険者で、被保険者期間が3年以上(初めて制度を利用の場合は1年以上)の方が利用できます。(ただし、給付金の受給には要件があります)

ECCのFP講座 教材↓

ECCのFP2級講座

ファイナンシャルプランナーを目指す幅広い層から支持を受けているECCのFP講座は、業界で最安値の学費! 高い合格率を達成しています!

ECCのFP講座について、受講の申し込みや詳細の確認は、下記の公式ページからできますので、ご利用ください。

申し込みや詳細の確認はこちらの公式ページへ
>> 【ECC】充実したDVD講座で短期合格が可能!


ECCのFP通信講座の特徴をまとめると・・・

ECCのFP通信講座をまとめると、

  • ●AFP+2級FP技能士+3級FP技能士(WEB+DVD)コース…59,800円~
  • ●全29回で59,800円。 1講義が2063円で、コストパフォーマンスは良好。
  •  さらに、日本FP協会の認定教育機関だからFP技能士2級の受験資格が得られる
  • ●価格:他社と比べても59,800円は、お得感のある価格設定となっています。
  •  さらに、教育訓練受給対象講座(雇用保険を払っている場合、受講後ハローワークで申請することで受講料の20%が返金されます。)
  • ●講義:全29回は、他社に比べるコンパクトな回数ですが、良くまとまっているため、不足は感じられません。
  • ●教材:教材は多いが、要点がまとめられ、わかりやすい。テキストがモノクロで見た目は地味ですが、講義DVDは2級の内容が67時間で内容はとても充実しています。そのため、講義DVDの受講内容をテキストに書き込んで補足する受講スタイルとすることで、充実した学習が進められます。
  • ●サポート制度:わからないことがあればいつでもメールや電話で質問できる他、専任のサポートスタッフから定期的に電話やメールで連絡があります。ここまでのサポートやフォローをしているのはECCだけだと言えます。
  • ●合格率:FP試験全国平均約2倍(6割~7割程度)の合格率。 さらに、受講者の約7割が1度の受験で合格しているとの情報があります。
  • ●口コミ評価:リーズナブルな受講料で、FP3級を受けずにFP2級を受けることができる認定制度となっています。AFP+2級FP技能士のダブル合格を見据えたカリキュラムに定評があります。 また、24時間体制のお悩み相談や、学習方法アドバイスにも高い評価が寄せられています。

ECCのFP講座について、分かりやすくまとめました
>> ECCのFP講座に関するまとめのページ

ECC FP講座


【関連記事】

人気のFP通信講座として、ECCの他にフォーサイト・クレアールもあります。比べてみたい方は、ご参考にどうぞ!

フォーサイト FP通信講座

<受講料>
  • CDコース 価格:58,500円
  • DVDコース 価格:61,00円
  • CD+DVDコース 価格:68,800円
<合格率>
  • フォーサイトの受講生の合格率:89.26%
  • 全国平均合格率は、36.07%ですから、フォーサイトは、全国平均の2.47倍の合格率となります。
<FP通信講座の特徴>
  • どこでも、いつでも学習することが可能な、CDやDVDを利用したeラーニングで効率的に勉強ができます。
  • 初学者の方でも、分かりやすく勉強ができるフルカラーテキストや、単語カードが人気です。

※ 詳細はこちらにまとめました >>フォーサイトのFP通信講座


クレアール FP通信講座 

<受講料>

価格 107,000円

<合格率>

ネットで探した限り、合格率は特に発表されていないようです。

<FP通信講座の特徴>
  • DVDが11枚。
  • クレアールの特徴である「非常識学習法」で短期に合格を目指すことができます。
  • 受講生同士の専用SNSなどもあります。

※ 詳細はこちらの公式ページへ >>クレアールのFP通信講座


「日本FP協会」と「金財」のFP試験:どちらがおすすめ?

ファイナンシャルプランナー資格試験の試験実施団体には、「日本FP協会」と「きんざい(金融財政事情研究会)」の2つがあります。
ファイナンシャルプランナー資格は、どちらの団体を通して受検をしても取得することができます。

では、「日本FP協会」と「金財」では何が違うのでしょうか?

「日本FP協会」と「金財」の2つの団体では、同じファイナンシャル・プランニング技能士資格を取得することができますが、試験問題の一部が異なります。試験日、受検資格、学習範囲、学科試験問題はいずれも同じです。

ただし、両者の違いは、実技試験の問題が異なっています。

実際に実技試験問題を確認すると、日本FP協会のほうが解きやすいため、確実に合格を目指すなら、日本FP協会のFP試験がおすすめです。

なお、2013年に、金財のHPから試験問題流出事件が発覚するという事件が起きました。また、日本FP協会には、AFPやCFPといった国際的なファイナンシャルプランナー資格もあり、FPジャーナル雑誌の定期発行や、各地でのセミナー開催等、認知度を上げる活動も積極的に行っています。

結局、おすすめのFP試験はどちらですか?

上記のように、両者の資格価値は基本的には同じ国家資格であること、日本FP協会の実技試験の方が易しい(解きやすい)こと、さらに、FP試験の発展性や将来性を考慮すると、日本FP協会のFP試験がおすすめとなります。

また、上記の理由から、ECCのFP講座もまた日本FP協会の試験に対応した講義内容となっています。